2013年07月20日

『ノスタルジア』の撮影に参加した(CLACLA日記)

 晴天が続く。
 いい青空、いいお天気の一日。

 気温も上昇し、暑さがとても厳しい。
 暑い暑い暑い暑い!!!!
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。


 昨夜は、件のAKBき××いのおのこから連絡があったこともあり、篠田麻里子の卒業記念と銘打たれたAKB48のオールナイトニッポンを聴いたりしながら、3時過ぎまで仕事関係の作業を進める。
 篠田麻里子らの話もなかなか面白かったけれど、来週久方ぶりにaikoのオールナイトニッポンが復活するというのがどうにも嬉しい。
 aikoの「ぬるコム」のヘヴィリスナーだった人間としては。
 てか、レギュラーで復活しないのかなあ、aikoのオールナイトニッポンは。


 朝早めに起きて、毎週恒例の洗濯をすませる。
 乾き、実によろし。
 ああ、すっきりした!


 10時過ぎに外出し、月面クロワッサン製作、KBS京都放映のドラマ『ノスタルジア』の撮影に参加する。
 撮影は無事終了したが、自分の演技の拙さを改めて痛感し、反省した。
 で、撮影終了後、月クロの面々とおしゃべりをし、途中買い物をすませて、14時過ぎに帰宅する。


 帰宅後、ロジャー・ノリントン指揮チューリヒ室内管弦楽団が演奏したストラヴィンスキーの『兵士の物語』組曲他<SONY/BMG>とトーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」<同>(2回)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 立川志の輔、桂あやめ、三遊亭歌之介、立川志らく、桂三枝の分を読み終えて、吉川潮と落語家の対談集『待ってました!』<新潮社>を読了する。
 ああ、面白かった!


 夕方になって再び外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 ついでに、ブックファーストに寄ってレコード芸術の8月号を立ち読みしたが、特集記事にがっくりくる。
 世界のオーケストラの名盤を投票形式で選ぶという趣旨の内容だったのだけれど、上位に選ばれている録音がのきなみ古いものばかりで、正直面白くない。
 懐古趣味の極み。


 夕飯後、しばらく間を置いて、NHK・FMの『クラシックの迷宮』を聴く。
 ヤン・リシエツキが弾いたショパンのエチュードを中心とした放送なり。


 仕事関係の作業を進めたり、篠井英介の『いい役者いい芝居』<三月書房>を読み始めたりする。
 『いい役者いい芝居』は、『せりふの時代』や朝日新聞に連載された文章をまとめたものだが、篠井さんのあの独特の声、ばかりか人となりがすぐに思い起こされて面白く嬉しい。
 そういえば、以前妄想ドラマで篠井さんが近衛文麿を演じたらと思ったことがあったが、悪役を演じてもなお凛とした感じのする篠井さんは、どうも近衛文麿とは異質のように思い直した。
 もっと年齢が若ければ岸部一徳あたりの役だろう。
 そうすれば、大滝秀治の西園寺公望と滑稽なやり取りができたかも…。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 選挙を明日に控えて、候補者等が絶叫する絶叫する。
 当然名指しはしないけれど、彼彼女の品性の下劣さが丸見えの演説に辟易したりもした。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする