2013年07月16日

ヘンデル聴きまくり 『覇王と革命』を読み終えた(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、一応青空が見えるお天気。

 気温はそれなりに上昇する。
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。


 昨夜、ABCラジオで『伊集院光の深夜の馬鹿力』を聴いたりしながら、4時40分過ぎまで仕事関係の作業を進めたりする。


 8時40分過ぎに起きて、ユーディ・メニューイン指揮ロイヤル・フィルが演奏したヘンデルの王宮の花火の音楽、『アマリリス』組曲、水上の音楽組曲<RPO>を4回聴いたりしながら(途中、ABCラジオの『とことん全力投球!!!妹尾和夫です』も少し聴く)、仕事関係の作業を進めたり、『夏美の夏は…』の筆入れを進めたり、杉山祐之の『覇王と革命』<白水社>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、メニューイン指揮のヘンデルを再び聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 『覇王と革命』を読了する。
 段祺瑞や張作霖といった「覇王」(軍閥の巨頭)たちの人物像についても詳しく知ることができた。
 いろいろと考えることあり。


 今日は、オイシス(ローソン)のショコラ・エクレールを食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 チョコレートクリーム入りのエクレアで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海の日っていったいなんや!(深夜のCLACLA)

 海の日っていったいなんや!
 四方の海みなはらからと思ふ世になど波風の立ちさわぐらん。


 どんよりとした感じが強く、雨が降ったりもしていたが、なんとか青空の見えるお天気となった。

 気温はそれなりに上昇したか。
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。


 昨夜、4時半近くまで仕事関係の作業を進める。


 ユーディ・メニューイン指揮ロイヤル・フィルが演奏したヘンデルの王宮の花火の音楽、『アマリリス』組曲、水上の音楽組曲<RPO>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、杉山祐之の『覇王と革命』<白水社>を読み進めたりする。


 16時頃外出し、自転車で西陣ファクトリーGARDENへ。
 正直者の会の公演『日曜月』(田中遊さん作・演出)を観る。
 詳しくは、前々回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 開演前終演後、関係各氏と話しをしたり、挨拶をしたりする。


 それから別所に移動し、大切な予定をすませ、22時半過ぎに帰宅した。


 遅めの夕飯後、メニューインのCDを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 以上、7月15日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もしもこんな笑点があったら

*もしもこんな笑点があったら


 それでは二問目です。最近、激おこぷんぷん丸なる言葉が若い人の間で流行っているそうですね。 我々笑点メンバーも、なになになになに丸という言葉をつくってみてください。
「はーい」
 おっ、早い昇太さん。
「しゃちほこ二の丸三の丸」
 さすがは城好きだね、山田君座布団一枚あげてください。
「はい」
 それじゃあ、好楽さん
「テストで二重丸」
 ああ、きれいだね。好楽さんにも座布団あげてください。
「はい」
 たいちゃん。
「千華の手料理花丸」
「鹿児島鶴丸錦江湾」
「ほんともう、やめてくださいよ!」
「それじゃあ、私が」
 はい、小遊三さん。
「撃沈しんぼうじろう丸、自己責任だ」
 もう、不謹慎だよ。
「はい」
 楽さん。
「死にぞこ桂歌丸」
 いいから全部とっちゃいなさい。
「はいはいはい」
 木久ちゃん、頼みますよ。
「悪役佐々木孝丸。 貴様いったいなにやつ。ほっほっほっほっほ、眉間に冴える三日月がた。天下御免の向こう傷、拙者早乙女主水之助、人呼んで旗本退屈男!!!!」
 もういいよ。すぐやりたがるんだから。
posted by figarok492na at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実はかく佯る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正直者の会『日曜月』

☆正直者の会『日曜月』

 作・演出・出演:田中遊
(2013年7月15日17時開演の回/西陣ファクトリーGARDEN)


 正直者の会の公演『日曜月』を観聴きした。

 田中遊という一人の人間の日々の生活から生まれた様々な想いが、田中さんが「戯声」と呼ぶ、音、声、言葉の重ね合わせの試みの中からはっきりと浮かび上がってくるようで、強く心を動かされた。

 ライヴ特有の傷はありつつも、朝平陽子、板倉真弓、木村雅子、浜田夏峰(地に足のついた「肝っ玉ねえさん」たち、と言うとだいぶん意味が変わってくるかな。当然弱さ辛さは抱えているはずだけれど、それに自己陶酔しきって我を忘れたりすることのない強さを持った人たちだと思う)竹ち代毬也ら演者陣も、そうした田中さんの切実で痛切な想いをよく汲み取って、見事なアンサンブルを発揮していた。

 観ておいて本当によかったと思える作品であり、公演だった。
 ああ、素晴らしかった!
posted by figarok492na at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする