2013年04月17日

被害者学を受講し、仕事関係の予定をすませた一日(CLACLA日記)

 晴天。
 どんよりとした感じはありつつも、青空が続く。

 今日も気温が上昇し、暑さを強く覚えた一日だった。

 ヒノキ花粉禍も続き、首筋のがさがさや目の周りの痒み、くしゃみの連発に悩まされる。
 やれやれ。


 昨夜、3時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 朝早めに起きて9時台に外出し、地下鉄でくいな橋へ。
 龍谷大学深草校舎で被害者学を受講する。

 講義終了後、ほかの受講生の方と昼食をとる。
 いろいろと考えさせられる。

 その後、仕事関係の予定をすませ、夕飯用の買い物もして帰宅した。


 帰宅後、ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したモーツァルトのセレナードによる交響曲集<SONY>2枚組とハイドンの交響曲第85番〜第87番<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、和田博文の『資生堂という文化装置』<岩波書店>や小林信彦の『昭和のまぼろし』<文春文庫>を読み進めたりする。


 真向かいのマンションがまたぞろかまびすしい。
 やれやれ。


 夕飯後、仕事関係の予定をすませる。
 本当は、イッパイアンテナの山本大樹君プロデュースのほぼ二人芝居を観に行きたかったのだけれど、断念せざるをえず。
 残念無念。


 ラルキブデッリが演奏したモーツァルトの大6重奏曲他とホルン5重奏曲&音楽の冗談他(アブ・コスターのホルン)<ともにSONY>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『資生堂という文化装置』や『昭和のまぼろし』を読み進めたりする。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする