2012年12月25日

照沼組の撮影に参加した(CLACLA日記)

 朝早めに起きて、仕事関係の予定をすませる。


 その後、市バスで京都造形芸術大学へ。
 近くの建物が行われていた京都造形芸大映画学科・高橋伴明ゼミ(2回生)の照沼進之介監督のゼミ作品撮影に、演者として参加する。
 で、詳しい内容に関しては触れないが、無事撮影を終了することができた。
 ほっ。
(結局今年は、『爛れる』に始まって、大阪芸大の二宮組、京都造形芸大の小川組、岩佐組2本、照沼組と、計6本の映画に演者エキストラとして参加したことになるな。我ながらちょっとびっくり)

 撮影の前後や合い間に、他の出演者の人(学生さん他)と話をしたが、若い人から学ぶことは本当に多いな。


 撮影後、市バスで河原町まで出て、仕事関係の予定をすませてから、19時頃に帰宅した。


 夕飯後、山田一雄指揮旧日本フィルが演奏したチャイコフスキーの交響曲第5番&プロコフィエフの交響曲第7番<タワーレコード>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日は、撮影現場の控え室でチョコレートやクッキーなどを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 民主党の新しい代表に海江田万里が選出されたという。
 なんだろうなあ、この茶番感猿芝居感は。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする