2012年12月01日

今日から12月 寒い!(CLACLA日記)

 今日から12月。
 今年2012年も、残すところ一ヶ月を切ってしまった。
 一日一日を本当に大切にしていかなければ。
 そして、死を忘れないこと。


 青空は見えつつも、どんよりとした感じの強いお天気。
 夕方外出した頃、ちょうど雨降りで、自転車で出かけたものだからけっこう濡れてしまった。
 で、帰りがけもしばらく降っていたのだが、家に近づいた頃になってやみ始める。
 やれやれ。

 気温がぐぐっと下がる。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、3時半過ぎまで『ゆかいなどろぼうたち』をさらったり、仕事関係の作業を進めたりする。


 真向かいのマンションの工事は、今日はなかったようだ。
 いかな銭ゲバオーナーとて、そこまで愚劣下劣の徒ではないか。
 善哉善哉(by町田康)。


 KBS京都の『桂塩鯛のサークルタウン』や、ジョヴァンニ・アントニーニ指揮バーゼル室内管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第5番&第6番「田園」<SONY/BMG>、デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第5番&第6番<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ゆかいなどろぼうたち』をさらったりする。


 町田康の『この世のメドレー』を読了する。
 ああ、面白かった!


 ほかに、鈴木淳史の『クラシック名盤ほめ殺し』<洋泉社新書y>の拾い読みもする。


 16時半頃外出し、途中雨宿りをしながら、人間座スタジオへ。
 劇団蒲団座(大谷大学の学生劇団)の番外公演『幻想忌憚フェスタ 2012』(坂口弘樹君作・演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 開演前終演後、関係各氏とあいさつをする。


 途中買い物をしたりしながら、20時半過ぎに帰宅した。


 帰宅後、NHK・FMの『名曲のたのしみ』で、ジョン・バルビローリ指揮ハレ管弦楽団が演奏したシベリウスの交響曲第5番などを聴く。

 続けて、トーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したドヴォルザークの交響曲第4番&チェコ組曲<SONY/BMG>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を少しだけ進める。


 今日は、ローゼンのマネケン・ベルギーワッフルを2個食す。
 荒神口近くのローソンストア100で、50円びきだったもの。
 オーソドックスなワッフルで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 JR西日本・福知山線脱線事故の裁判における、井手正敬元会長の発言を目にして、J-WESTカードにまつわる傲慢ぞんざいなやり口を改めて思い出し、むかっ腹が立つ。
 いずれにしても、JR西日本という会社はどうにも信用がならないなあ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇団蒲団座 番外公演『幻想忌憚フェスタ 2012』

☆劇団蒲団座 番外公演『幻想忌憚フェスタ 2012』

 作・演出:坂口弘樹
(2012年12月1日18時開演の回/人間座スタジオ)


 思い返せば、今年の京都学生演劇祭は振り幅が広いというか、とてもバラエティに富んだラインナップだった。
 その中でも、ひと際刺激的に感じられたのが、大谷大学の劇団蒲団座だ。
 何せ、コンテンポラリーダンス、どころじゃないクラブ(ディスコ)ダンスやブレイクダンス流の踊りや動きを積極的に取り入れて、躍動感と疾走感に満ちた舞台を生み出していたんだもの。

 で、そんな蒲団座の番外公演を観に行って来た。
 公演が明日まで続いているので詳しくは触れないが、都市伝説(ロア)を物語の中心に置いて、そこにネット上のゲームを絡めながら、社会への適応やコミュニケーション等、諸々のコンフリクトを織り込みつつ、京都学生演劇祭同様のダンス、さらには殺陣のシーンを盛り込んだ作品となっていた。
 まずもって作品の見せ場、お客さんに観て愉しんでもらいたいというところがはっきりと示された、造り手の意図がよくわかる公演になっていたのではないか。
 ただ、身体感覚が重視される場面と、会話(台詞)の場面との噛み合わせが少ししっくりこないというか、ぎゅっと詰まりきっていないもどかしさを感じたことも事実だ。
 京都学生演劇祭での記憶に加え、活き活きとしたアフターアクトでのパフォーマンスを観たこともあってか、正直、演劇というスタイル=物語にこだわる必要があるのかな、と思わないでもなかった。
(坂口君がどうしてもこの話をやりたいというのであれば、話は別だし、ほかの演者陣とのバランス、兼ね合いもあるのかもしれないけれど)

 演者陣は、各々の個性、演技の質感の違いがよく表われていたのではないか。
 身体性という意味で、島あやが印象に残った。

 いずれにしても、次回の公演にも注目したい。
posted by figarok492na at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする