2012年08月29日

外泊から帰宅した(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。

 気温は上昇し、残暑が厳しい。
 暑い暑い暑い暑い。
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけきださいね。


 10時台に、外泊から帰宅する。
 外泊中、竹内貴久雄の『クラシック幻盤 偏執譜』<ヤマハミュージックメディア>を読了し、馬場マコトの『花森安治の青春』<白水社>を読み進める。


 帰宅後、実家に電話をかけ、母としばらく話をする。


 レオポルド・ストコフスキー指揮ナショナル・フィルが演奏したシベリウスの交響曲第1番&トゥオネラの白鳥とチャイコフスキーのバレエ音楽『オーロラ姫の結婚』<SONY/BMG>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 『花森安治の青春』を読了する。
 花森安治の人生に触れることで、「戦争協力」について、あるいは戦争をいかに防ぐかについて、改めてあれこれと考える。


 夕方になって、夕飯用の買い物のため外出する。


 微熱があり、身体だろし。


 参議院で野田首相への問責決議案が可決されたという。
 野田首相を支持するつもりはないから、決議案の可決そのものには反対ではないが。
 やっぱり、なんだかなあの一語である。


 一方、民主党、自民党、みんなの党所属の5議員が加わることによって、大阪維新の会が国政政党になる見込みと報じられている。


 パラリンピックがスタートした。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする