2012年07月09日

アーネスト・ボーグナインが亡くなった(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、青空の見える一日。

 気温は今日も上昇し、暑さが非常に厳しい。
 暑い暑い暑い暑い。
(湿度が低い分、かえって過ごしにくくはなかったものの)


 アメリカの俳優、アーネスト・ボーグナインが亡くなった(95歳)。
 フレッド・ジンネマン監督の『地上より永遠に』の軍曹や、ロバート・アルドリッチ監督の『北国の帝王』でリー・マーヴィンと死闘を繰り広げる車掌(アルドリッチ監督では、『飛べ!フェニックス』、『特攻大作戦』にも出演)など、重い役回りの悪役で知られた。
 ほかに、アカデミー主演男優賞を得たデルバート・マン監督の『マーティー』、サム・ペキンパー監督の『ワイルドパンチ』や『コンボイ』、ロナルド・ニーム監督の『ポセイドン・アドベンチャー』、天下の大失敗作『世界崩壊の序曲』と、少なからぬ作品に出演した。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 昨夜、4時近くまで仕事関係の作業を進める。


 デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第3番&第4番「悲劇的」<RCA SONY/BMG>を二度聴いたり、ミヒ・ガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラが演奏した同じくシューベルトの交響曲第5番&序曲集<SONY/DHM>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』を書き進めたりする。


 葛井欣士郎の聞き書き『遺言 アートシアター新宿文化』<河出書房新社>を読み進める。
 実に面白し。
 それにしても、葛井さんと村井志摩子が結婚していたとは知らなかった。


 夕方になって、夕飯用の買い物のために外出する。


 帰宅後、再びシューベルトの交響曲第5番&序曲集を聴きながら、雑件を片づける。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、イル・ジャルディーノ・アルモニコのコンサートのライヴ録音を聴く。
 メルーラやテレマン、ヴィヴァルディの作品が演奏されていた。
 バロックアクロバティックと言うと言い過ぎかもしれないけれど、こういうノリのよい演奏は、できれば生で聴きたいものだと思う。


 夕飯後、三度シューベルトの交響曲第3番&第4番「悲劇的」と交響曲第5番&序曲集を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』を書き進めたり、『遺言』を読み進めたりする。
 『遺言』、本当にわくわくするなあ!


 今日は、明治のハイミルクチョコを食す。
 先日、卸売ひろばタカギで購入しておいたもの(税込み41円は安い!)。
 濃厚な味わいのミルクチョコレートで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

努力クラブ4『よく降る』

☆努力クラブ4『よく降る』

 脚本・演出:合田団地
(2012年7月8日、人間座スタジオ)


 だまって俺について来い!

 と、言っても、盟友佐々木峻一や向坂達矢、無農薬亭農薬、眞野ともき、稲森明日香、キタノ万里、宗岡ルリといった演者陣、スタッフ陣にではない。
 合田団地がもしその言葉を投げつけるのだとすれば、我々客席の側にいる人間、お客さんたちに向かってだろう。

 明日(日付け的には今日)まで公演が続いていることもあって詳しくは省略するが、努力クラブにとって四回目の公演となる『よく降る』は、合田団地の演劇的志向から笑いへの強い欲求、人間観世界観、人柄性格が全面に押し出された作品だったと思う。
 へたうまというと語弊があるのかな、表面的には粗くて緩い作品のように見えるかもしれないけれど、なんのなんの、その実相当考え抜かれた、仕込みに仕込まれ、仕掛けに仕掛けられた一筋縄ではいかない内容となっている。
 正直、往時の日活ロマンポルノやピンク映画を彷彿とさせる猥雑さよりも、さらにその奥にあるもの、明確な悪意や不信(しかも、ウェットではない分、救いがない)、そしてそれらをひっくるめての確信犯的で、創作活動に対する自負心と表裏一体である傲岸不遜な作劇には、大きく好みが分かれるだろうと思いつつも、個人的には合田君が繰り広げる作品世界、中でも確信犯的な仕込みと仕掛けを愉しんだ。

 演者陣も各々のキャラクターによく合っているというか、特性長短の差はありつつも、合田君の意図によく沿っていたように感じた。
 特に、無農薬亭農薬の性格表現、佐々木峻一の狂気が印象に残る。

 あとは、合田君が自分自身の姿勢を如何に曲げることなく、創作活動を続けられるかということになるだろう。
 その意味からも、次回以降の努力クラブの公演、佐々木君との共同作業を今後も注視していきたい。
(合田君や佐々木君は努力クラブの行く末を真摯に考えているようだが、なあに、「そのうちなんとかなるだろう」)

 いずれにしても、ああ、面白かった!
posted by figarok492na at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする