2012年05月06日

続ゴールデンウィーク最終日(CLACLA日記)

 青空の見えるお天気へ。

 気温もいい感じに下がる。


 と、言うことで、16時過ぎになって気分転換を兼ねて外出することに。
 で、自転車を利用し、御池通などを通って河原町近辺まで出かけ、昨日に続いて三条京阪のブックオフをのぞいたりもする。

 帰りがけ、京都芸術センターに寄って用件を片づけ、ついでに夕飯用の買い物もすませて、19時ちょうどに帰宅した。


 真向かいのマンションがまたもかまびすしい。
 いやはや、なんともはや。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』で、小林研一郎指揮東京フィルのコンサートのライヴ録音を聴く。
 芥川也寸志の弦楽のための三楽章「トリプティーク」とモーツァルトのピアノ協奏曲第21番(中野翔太の独奏)が放送されていた。
 トリプティークは大好きな作品の一つなのだが、あいにくCDを持っていない。
 相当昔、今は亡き森正が東京交響楽団を指揮した古い録音のCDを所有していたのだが、いつの間にかなくなってしまったのだ。
(借りパクされたものと考えられる)


 夕飯後、アルフレッド・ブレンデルが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第1番〜第3番<PHILIPS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』や『夏美の夏は…』を書き進めたりする。


 広小路尚祈の『うちに帰ろう』<文藝春秋>を読み進める。
 『シレーヌと海老』を読み進めているところだが、町田康や戌井昭人さんの作品と共通するものを強く感じる。


 今日は、山崎製パンの、吹雪まんじゅうを食す。
 ローソンストア100で、50円びきだったもの。
 つぶあん入りの小ぶりな吹雪まんじゅう(2個)で、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールデンウィーク最終日(CLACLA日記)

 世は、ゴールデンウィーク最終日なり。


 青空は見えつつも、どんよりとした感じも強し。
 途中、雨降りにもなる。

 気温は思ったほどには上昇せず。


 昨夜、アルフレッド・ブレンデルが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第1番〜第3番<PHILIPS>を聴いたりしながら、5時近くまで仕事関係の作業を進める。

 途中、息抜き代わりに、『爛れる』のDVDを観たりもした。


 今日は、思い切って昼寝坊を決行。
 またぞろ真向かいのマンションがかまびすしくはあったが。
 うっとうしいかぎり。


 NHK・FMの『トーキング・ウィズ松尾堂』や『きらクラ!』を聴きながら、仕事関係の作業を進める。


 広小路尚祈の『うちに帰ろう』<文藝春秋>を読み進める。
 表題作を読み終えたが、すっとぼけたと言うと語弊があるかもしれないけれど、乾いたユーモア感覚がとてもしっくりとくる。
 それでいて、視点は鋭いし。


 今日は、今から外出しようかどうか迷っているところ。
posted by figarok492na at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする