2011年12月31日

個人創作誌『赤い猫』第4号刊行延期のお知らせ

 6月末までの刊行を予定していた『赤い猫』第4号ですが、諸般の事情から刊行を延期させていただくこととなりました。
 お問い合わせをいただいた方々をはじめ、皆様方にはご迷惑をおかけしますが、何とぞご容赦ご寛容のほどよろしくお願い申し上げます。

 なお、 お問い合わせ等に関しては、こちらまでご連絡いただければ幸いです。
posted by figarok492na at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まもなく、2011年が終わる(CLACLA日記)

 まもなく2011年が終わろうとしている。
 2011年は、東日本大震災(もちろん、そこには東京電力の福島第一原子力発電所の事故も含まれる)をはじめ、自らが生活する場所が安心でも安全でもないことを改めて痛感させられた一年であった。
 また、両膝半月板の手術入院など、自らの健康管理の拙さについて思い知らされる一年でもあった。
 一方で、演劇関係の勉強会をはじめ、新たな出会いや新たな課題を得ることのできた一年もあった。
 今年の一つ一つの出来事を糧や反省材料としつつ、来年2012年を実り多く充実した一年としたい。



 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日となる。

 気温は低めだが、陽の光があった分、日中はほんの少しだけ寒さがうすらいでいたような気がする。
 それでも、皆さんくれぐれも風邪や肺炎、インフルエンザにはお気をつけくださいね。


 コメディアンの内藤陳が亡くなった(75歳)。
 「おら、ハードボイルドだど」でおなじみトリオ・ザ・パンチで脚光を浴びたほか、冒険小説やハードボイルド小説の書評でも知られた。
 深く、深く、深く黙祷。

 そういえば、小林信彦の『日本の喜劇人』<新潮文庫>や『テレビの黄金時代』<文春文庫>に、坂本九をメインに据えたバラエティ番組『九ちゃん!』のレギュラーを選ぶ際、プロデューサーの井原高忠に相談されて小林さんが若いトリオ・ザ・パンチを推したものの、井原さんは結局てんぷくトリオに固執したことが記されている。
 「(『九ちゃん!』)は半年の短期決戦です。若いタレントを育てて余裕は」ない、「ある程度の芸がないと、九坊(坂本九)を支える役はでき」ない、というのが井原高忠の決断の理由だったという。
(『テレビの黄金時代』第八章 「九ちゃん!」の内側より 175、176頁)


 昨夜、石井美樹子の『マリー・アントワネットの宮廷画家』<河出書房新社>を読了する。


 デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第5番&第6番「田園」<Arte Nova>、ブルーノ・ヴァイル指揮ザ・クラシカル・バンドが演奏したシューベルトの交響曲第7番「未完成」&「ザ・グレート」<SONY>を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、文書類の整理を行ったりする。
 そうそう、今日のお昼ぐらいから急にCDプレーヤーの調子がおかしくなり始めた。
 突然途中で止まって、先に進まないのだ。
 保証期間が終わったとたん、こうやってぼろが出始めるというのはなんたることか。
 いくら安かろうとはいえ、SANYO度し難しである。


 16時台に、一度買い物に出かける。


 明日がいい日でありますように!
 そして、皆さんにとって来年2012年が本当にいいお年でありますように!
 それでは、よいお年を。
posted by figarok492na at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする