2011年12月20日

コープマンが弾いたバッハのフランス組曲集

☆ヨハン・セバスティアン・バッハ:フランス組曲集

 独奏:トン・コープマン(チェンバロ)
(1994年4月/デジタル・セッション録音)

<ERATO>4509-94805-2


 以前どこかで記したことがあるけれど、どうにもヨハン・セバスティアン・バッハの音楽が苦手である。
(これが、息子のヨハン・クリスティアンの作品なら大好きというのだから、なんとものりが軽いやね)
 と、言って、何がなんでもバッハは聴かぬ槍でもてっぽでも持って来い、などと喰わず嫌いならぬ聴かず嫌いを決め込むほどには頑固じゃない。
 それで、チェンバロのトン・コープマンが弾いたバッハのフランス組曲集の中古CDがブックオフで500円で出ていたので、迷わず購入した。

 で、僅か1枚の中に全6組曲を押し込んだというだけである程度予想はついていたことだが、このCD、僕にはしっくりくるな。
 あっけらかん、と表現すれば言い過ぎかもしれないけれど、長調のみか短調の曲すら、軽い調子ですっきりすらんすらんと流れていく。
 正直、バッハとまじめに向き合いたい人たちには、あまりお薦めできないかもしれないが、個人的には何度聴いても耳にもたれないコープマンの演奏が気に入った。
 バッハを気軽に愉しみたい、それもピアノ演奏はやだ、という方には大いに推薦したい一枚だ。
posted by figarok492na at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナムからの笑い声が無期限活動停止を決めた(CLACLA日記)

 京都の小劇場で公演を行っている劇団・集団のうち、もっとも好きな団体の一つであるベトナムからの笑い声が無期限活動停止を宣言した。
 あるとき以降(それがどのときかはあえて記さない)、もしかしたらそうなるのではとずっと思っていたことだけに、大きなショックを受けることはなかった。
 ただし、非常に残念であることに違いはない。
 また一つ京都のお芝居を観る愉しみが失われたようで、どうにも哀しい。

 ベトナムからの笑い声が繰り広げた計29回の本公演のうち、僕は2001年3月末の第11回公演『ザ・サウナスターズ』以降、都合14回の公演に足を運んだ。
 ときにオムニバス中にいまいちと思う作品もなくはなかったが、毎回コンスタントに笑い愉しませてもらったこともまた確かな事実である。
 中でも、第17回公演『643ダブルプレー』の「元チャンネル団地」と第19回公演『ブツダンサギ』の「ずっこけ3人組」のおかかなしさ(by色川武大)、第20回公演『サンサンロクビョウシ』並びに第27回公演『ベトナムがえし』(再演)の「オリエンタル歌劇団」のえせミュージカルぶり、そしてベトナム流オムニバスコントの総決算と呼ぶべき第28回公演『チェーンデスマッチ』は、未だに忘れられない。
(ベトナムの初期からのファンは、宮崎宏康さんの一連の「大仕掛け」をご記憶かもしれない)

 いずれにしても、ベトナムからの笑い声の皆さん、本当に、本当にお疲れ様でした。
 そして、黒川猛さんによるTHE GO AND MO’Sを愉しみにしていきたい。


 青空は見えつつも、どんよりとした感じの強い一日。
 夕方頃には小雨もぱらついていた。

 気温も上昇せず、寒さが非常に厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪や肺炎、インフルエンザにはお気をつけくださいね。


 午前のうちに、毎週恒例の洗濯を決行する。
 が、案の定、乾きはわろし。
 まあ、仕方ない。


 リカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルが演奏したシューベルトの交響曲第3番&第5番<EMI>を2回聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、津野海太郎の『おかしな時代』<本の雑誌社>を読み進めたりする。


 16時台に外出し、仕事関係の予定をすませたほか、大垣書店四条店で『ぶらあぼ』1月号(2012年)を入手したり、京都芸術センターに寄ったりする。

 その後、夕飯用の買い物をすませて、18時過ぎに帰宅した。


 今日は、青柳敦子さんからお土産としていただいた、ごまたまごを食す。
 最後の1個だったが、実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする