2011年10月16日

勉強会を行う(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空になる。

 気温もいい感じに上昇し、穏やかな一日だった。


 昨夜遅くまで、仕事関係や依頼された文章の執筆を進める。


 それでも朝早めに起きて、毎週恒例の洗濯をすませる。
 せっかくの青空だもの、そりゃ洗濯をしておかなくちゃ!


 その後、仕事関係の作業や依頼された文章の執筆を進めたり、林光さんの『ひとりのゴーシュとして』<一ツ橋書房>を読み進めたり、リハビリのためのトレーニングをこなしたりする。


 お昼過ぎに外出し、キノ・フォーラムkyo関連の勉強会を行う。
 この間、キノ・フォーラムkyoの上映会に参加している人とシナリオの執筆について、いろいろと話し合いをする。

 ついでに仕事関係の用件を片づけたのち、20時頃帰宅した。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『ひとりのゴーシュとして』を読み進めたりする。


 ソプラノのパトリシア・プティボンがジョセプ・ポンス指揮スペイン国立管弦楽団の伴奏で歌ったスペインのアリア&歌曲集『メランコリア』<ドイツ・グラモフォン>を聴く。
 昨日、タワーレコードで購入したもの。
 プティボンお得意の地声も愉しめる一枚だ。


 教えるということは、学ぶということだと改めて思った一日だった。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都文藝復興倶楽部主催の座談会に参加した(深夜のCLACLA)

 雨天。
 そろそろ晴れてはくれないものか。

 湿度が高く、じめじめじめじめとしてあまり快ならず。


 昨夜遅くまで、仕事関係の作業や依頼された文章の執筆を進める。


 それでも朝早めに起きて、仕事関係の作業や依頼された文章の執筆を進めたり、林光さんの『ひとりのゴーシュとして』<一ツ橋書房>を読み進めたり、リハビリのためのトレーニングをこなしたりする。


 13時過ぎに外出し、元立誠小学校へ。
 3F自彊室で開催された、京都文藝復興倶楽部による企画「新たなものづくりの戦略を目指す座談会」に参加する。
 京都の若いものづくりの方たちを中心に、参加者の方からの活発な意見もあって非常に愉しく刺激的な会となっていた。
 また、ものづくりも、演劇や音楽、映画も、その根本の部分は共通しているのだということを改めて強く感じたりもした。

 京都文藝復興倶楽部の企画関係でご挨拶にうかがったのち、懇談会に参加する。
 ここでも、いろいろと愉しく刺激的なお話をうかがう。

 懇談会終了後、4号系統の市バスで出町柳駅へ。
(車中でも、京都文藝復興倶楽部に関係されている方のお話をうかがうことができる)
 で、歩いて左京西部いきいき市民活動センターまで行く。
 公開稽古のお知らせが、tabula=rasaの築地静香さんから届いていたため。
 が、時すでに遅し。
 一足違いで公開稽古は終わっていた。
 せっかくなので、終了後の夕食会に参加し、演出の高田ひとし君や築地さん、出演者スタッフの面々と話しをする。

 24時少し前に帰宅した。


 帰宅後、仕事関係の作業を進める。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 以上、10月15日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする