2011年08月29日

野田財務大臣ですか…(CLACLA日記)

 野田佳彦財務大臣が民主党の新しい代表に選出され、新しい内閣総理大臣に指名される運びとなった。
 正直言って、決選投票の相手である海江田万里経済産業大臣もとうてい支持したい人物ではなかったのだが、それでも野田氏だけには総理大臣になって欲しくなかった。
 大連立や増税等々、どのような政策を推し進めてくるかは見え見えだし、それより何より、生まれてこのかた、これほど嫌な感じを覚える総理大臣(候補)はいなかったからだ。
 少しでもこちらの「偏見」を打ち破る方向に進んでくれればいいが。
 まず無理だろうな。
 と、言うより、増税のめどが立ったところで、スキャンダル発覚って流れになるんじゃないのかなあ…。


 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温も上昇し、残暑が非常に厳しい一日となる。


 体調、芳しからず。
 右膝が痛み、左下の親知らずも痛む(虫歯になっている…)。
 やれやれ。


 今日は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、お昼過ぎに外出し、仕事関係の用件をいくつか片づける。

 途中、下京図書館へ寄り、菅原透の『ベルリン三大歌劇場』<アルファベータ>、加藤哲郎の『ワイマール期ベルリンの日本人』<岩波書店>、森絵都の『この女』<筑摩書房>を返却する。
 間もなく入院ということもあって、新たに本は借りず。

 で、18時過ぎに帰宅した。


 帰宅後、レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したブラームスの交響曲第2番&大学祝典序曲<ドイツ・グラモフォン>を聴く。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。
(てか、歯が痛むしね…)


 やるべきことをしっかりやっていかなければ。
 与えられた人生は一回きりなのだから。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする