2011年08月14日

予定を変えた(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温も上昇し、暑さがとても厳しい一日となる。
 暑気あたり。


 で、本来ならばいくつか予定が入っていたのだが、体調がどうにも芳しからず、今日は夕方の買い物以外は外出せず、部屋で仕事関係の作業や依頼された文章の執筆を進めて過ごす。


 多和田葉子の『ボルドーの義兄』<講談社>を読了する。
 ばたばたしていたこともあってだけれど、じっくりと読み進めることができた。
 刺激を受けるところ大なり。


 サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルが演奏したブラームスのピアノ4重奏曲第1番(シェーンベルク編曲)他<EMI>を断続的に5回聴く。
 ピアノ4重奏曲はもちろんだが、カップリングのシェーンベルクの映画の一場面への伴奏音楽と室内交響曲第1番(大管弦楽版)も愉しく聴いている。
 これで音質がもっとよければ…。


 今日は、寿製菓のミルクのおまんじゅう「ママン」を食す。
 実家からの荷物に入っていたもの。
 ミルクを使った白あんのおまんじゅうで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 菅直人首相の後継者として、野田佳彦財務相の名が取り沙汰されているが、これって本当に正気の沙汰か?
 大連立だの増税だの金銭関係の疑惑だの、どうにも胡散臭くきな臭い人物のように感じられるのだが。
 正直、全くもって支持したいとは思えない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月世界旅行社『マチヤ映画夜行 其の二 京の七夕上映会』に参加した(深夜のCLACLA)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日となる。

 今日も気温が上昇し、暑さがとても厳しかった。


 今日は、サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルが演奏したブラームスのピアノ4重奏曲第1番(シェーンベルク編)他<EMI>を聴きながら、仕事関係の作業や依頼された文章の執筆を進めたり、多和田葉子の『ボルドーの義兄』<講談社>を読み進めたりしたのち、15時過ぎに外出する。

 で、キノ・フォーラムkyoのメンバーとおち合い、堀川中立売の京都リサーチパーク町家スタジオまで足を運び、月世界旅行社主催による上映会『マチヤ映画夜行 其の二 京の七夕上映会』に参加する。
(今回は、12日の夜から13日の明け方までの回と、13日の夕方から夜までの回の二回に分けて開催されていて、末長敬司や京都ロマンポップの沢大洋さんは12日の夜からの回に参加した)

 今日は、月世界旅行社の藤本啓太監督の『ゆびきりげんまん』を皮切りに、ビジュアルアーツ専門学校や京都造形芸大、大阪成蹊大学の学生さんの作品、そして寺田めぐみさんのアニメーション作品を観たほか、交流タイムで、京都シネマの支配人横地由起子さんをはじめ、前回も参加されていた方々や今回新たに参加された方々とあいさつをしたり、お話をすることができた。
 残念ながら、9月は手術入院のためどうしても参加が適わないが、その分10月以降のマチヤ映画夜行を心待ちにしたいと思う。
(マチヤ映画夜行は、京都小劇場の関係者の皆さんにもぜひともお薦めしたい企画である。興味をお持ちの方は、遠慮なく月世界旅行社、もしくは中瀬までご連絡のほど)

 キノ・フォーラムkyoのメンバーと別れたのち、仕事関係の用件を片づけ、22時半頃帰宅した。


 以上、8月13日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする