2010年08月31日

今日で8月も終わり(CLACLA日記)

 今日で8月も終わり。
 一日一日を本当に大切にしていかなければ。
 そして、メメントモリ!


 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。
 今日も雨は降らなかった。

 気温は上昇し、暑さが厳しい一日となる。
 まだまだ涼しくなりそうにはない。
 やれやれ。


 昨夜は、伊集院光の深夜の馬鹿力を聴きながら仕事関係の作業を進めたのち、2時38分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局4時を過ぎてからだった。
(眠ることができないので、MBSラジオの長澤まさみの番組を聴くとはなしに聴く。堀北真希がゲストで、二人の関係の虚と実の中間のようなものが出ていたような感じがして、案外面白かった)

 7時過ぎに一度起きて、1時間半ほど仕事関係の作業を進める。

 その後二度寝し、11時37分になって起きる。
 あまりにも寝坊がひどすぎる…。

 起きてすぐに掃除機かけをしたとき、昨日のヤモリが部屋の奥まで「進出」してきているのを確認したが、すぐに本棚の裏に隠れてしまった。
 だいじょうぶか?

 仕事関係の作業を進める。

 途中息抜き代わりに、福永文夫の『大平正芳』<中公新書>の拾い読みをする。

 17時51分に外出し、フレスコなどで夕飯用の買い物をすませ、18時28分に帰宅する。

 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、仕事関係の作業を進め、中島京子の『女中譚』<朝日新聞出版>を読み始める。

 今日は、東ハトのmobiホワイトガナッシュを食す。
 食欲不振は続いているが、ごはんの量が少なかったため。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 結局、民主党代表選が行われるようだ。
 その結果や如何。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

今日もまた京都芸術センターで作業を進めた(CLACLA日記)

 晴天。
 少しどんよりとした感じもしはしたが、それでもいいお天気、いい青空が続く。
 いつになったら雨が降るのかな。

 どんよりとしたこともあってか、少し暑さが弱まってきたのではないか。
 とはいえ、まだまだ暑さが厳しいが。
 早く涼しくなってくれないものか。


 作家の三浦哲郎が亡くなった。79歳。
 熊井啓監督によって映画化された『忍ぶ川』(芥川賞受賞)をはじめ、作品少なからず。
 特に、短篇小説を得意とした。
 深く、深く、深く黙祷。

 元プロレスラーの山本小鉄も亡くなった。68歳。
 新日本プロレスで活躍し、引退後は解説者としても知られた。
 深く、深く、深く黙祷。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたのち、2時33分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局4時近くなってからだったが。

 いやな夢を観たこともあったりして、5時少し前に目が醒め、1時間ほど考えごとをする。

 さらに、7時過ぎにも目が醒める。

 10時30分に起きる。

 仕事関係の作業を進める。

 鈴木淳史さんの『背徳のクラシック・ガイド』<洋泉社新書y>を読み進め、読了する。
 鈴木さん推薦のCDを購入するかどうかは別にして、クラシックの聴き方観方愉しみ方がさらに拡がる一冊だとは思う。
(残念ながら、ここまでの「キワ物」CDは持っていないんだよなあ、僕は)

 仕事関係の作業を進める。


 16時10分に外出し、ストアデポ烏丸店でノートを購入する。

 その後、京都芸術センターに行っていくつか用件を片づけたのち、談話室で仕事関係の作業を進める。
(ほかに、以前書いた『三人芝居』という女性三人用の戯作の改訂作業も行う。あまりのひどい内容に情けなくなった)

 それから仕事関係の用件をすませ、大垣書店四条店で調べものをし、フレスコで夕飯用の買い物をすませ、18時41分に帰宅した。


 帰宅してドアを開けると、なんと玄関にヤモリが。
 外に出してあげようと思ったら、さささささと物をたくさん置いているあたりに逃げ込んでしまった。
 で、結局見つけることができず。
 だいじょうぶかな。

 夕飯後、仕事関係の作業を進めたほか、福永文夫の『大平正芳』<中公新書>の拾い読みをする。

 今日も、甘いものは食さず。
 食欲不振が続いているため。
 あと少しの辛抱か?

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

今日も京都芸術センターで作業を進めた(CLACLA日記)

 晴天。
 少しどんよりとした感じはありつつも、いいお天気、いい青空が続く。
 いつになったら雨が降るのか?

 気温は今日も上昇し、暑さが厳しい一日となる。
 やれやれ。


 縁なき衆生は度し難し。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたのち、3時10分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局4時を過ぎてからだったが。

 10時34分に起きる。

 仕事関係の作業を進める。

 鈴木淳史さんの『背徳のクラシック・ガイド』<洋泉社新書y>を読み進める。
 面白い面白い。

 京都市交響楽団のコンサートを聴きに行きそびれてしまった。
 しまった!

 仕事関係の作業を進める。


 16時14分に外出し、京都芸術センターへ。
 いくつか用件を片づけたのち、談話室で仕事関係の作業を進める。
 暑いのはいやだけれど、電気代は節約したいため。

 フレスコで夕飯用の買い物をすませたのち、18時36分に帰宅した。


 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、仕事関係の作業を進める。

 暑さもあって、ひと騒動起こしてしまった。
 自省あるのみ。

 今日も、甘いものは食さず。
 食欲不振が続く。

 朝日新聞の朝刊で、仙石官房長官の政治団体に関するスキャンダルが報じられているが。
 あまりにも、タイミングがよすぎるような。
 様々な意味で。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

京都芸術センターの談話室で作業を進めた(CLACLA日記)

 晴天。
 今日も晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。
(夕方には少しどんよりとしたが、それでも雨は降らず)

 だいぶん勢いは弱まってきたものの、それでもまだまだ暑さが厳しい。
 早く涼しくなってくれないものか。

 そういえば、夕方京都芸術センターで群れをなしてとんぼが飛んでいるのを観た。
 秋は近づいているのだ、やはり。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたのち、2時59分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局4時近くなってからだったが。

 真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠え続けていたこともあり、9時54分に起きる。

 で、すぐさま毎週恒例の洗濯を始める。
 ついでに、掃除機かけもすませる。
(掃除機かけは、毎日欠かさずやっているけど)

 真向かいのマンションの飼い犬。
 はす向かいの部屋に加え、反対はじの部屋の飼い犬までやかましく吠えるので、ついつい叱りつけてしまう。
 犬小屋マンションの、無神経非常識な飼い主に拝金主義の銭ゲバオーナーらめが。
 いずれも度し難し!

 斎藤忠夫の『東宝行進曲』<平凡社>を読み進め、読了する。
 ああ、面白かった。

 続けて、鈴木淳史さんの『背徳のクラシック・ガイド』<洋泉社新書y>を読み始める。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。


 15時35分に外出し、京都芸術センターへ。
 いくつか用件を片づけたのち、談話室で創作関係の作業を進める。
 何せ、エアコンがきいてますゆえ。
(『犬は街にて飼うべからず』、という岸田國士風のタイトルの戯曲のアイデアを思いつく。私戯曲ではないけれど)

 談話室では、劇団ソノノチ所属とおぼしき面々がDMづくりの作業を行っていたが、知らない人ばかりだったので当然声はかけず。

 大垣書店四条店で新潮社のPR誌『波』の9月号を入手し、ちょっとした買い物をすませて18時56分にいったん帰宅する。


 19時2分に再び外出し、ダイソーとフレスコで夕飯用の買い物をすませて、19時19分に帰宅する。

 夕飯後、ギュンター・ヴァント指揮ベルリン・フィルが演奏したブルックナーの交響曲第5番<RCA>を聴きながら、『背徳のクラシック・ガイド』を読み進め、『波』の拾い読みをする。
 『背徳のクラシック・ガイド』は、いわゆる「キワモノ」と呼ばれがちなクラシック音楽のCDに関して新たな解釈が示された、鈴木淳史さんらしい一冊。
 一方、『波』では、我らが三遊亭はら生の師匠三遊亭円丈と吉川潮の対談(前篇)と、高平哲郎の新刊『今夜は最高な日々』への坪内祐三の書評が面白かった。

 仕事関係の作業を進める。

 今日も、甘いものは食さず。
 夏バテか、ここのところどうも食欲不振なのだ。
 やれやれ。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

今日もウィングス京都で調べものをした(CLACLA日記)

 お昼過ぎ頃までは晴天が続いていたが、その後は徐々にどんよりとし始める。
 で、夕方、ほんの少し雨がぱらついたが、本降りにはならず。
 どうやら明日も晴れるらしい。
 ふう。

 まもなく9月ということもあってか、だいぶん落ち着いてきたとはいえ、それでもまだ暑さが厳しい。
 食欲不振など、今頃になって夏バテ気味である。
 やれやれ。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたのち、2時34分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局4時近くなってからだった。

 台本をほとんど覚えず舞台に立ってしまい、出番じゃないときにあとの台詞を覚えようとするも、その台詞があまりにもひどくて覚えきれず、とうとう次の出番が来てしまう。
 といった夢を観る。

 10時45分に起きる。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 12時台に、浴室とトイレの掃除をすませる。

 斎藤忠夫の『東宝行進曲』<平凡社>を読み進める。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。


 16時17分に外出し、ウィングス京都へ。
 図書情報室で仕事関係の調べものをする。

 その後、京都芸術センターでいくつか用件を片づけたのち、グルメシティなどで夕飯用の買い物をすませ、18時20分に帰宅した。
 汗をかくわかくわ。


 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、ドミトリ・ヤブロンスキー指揮ロシア・フィルが演奏した安部幸明の交響曲第1番他<NAXOS>を聴きながら、『東宝行進曲』を読み進め、転々の巻「東宝映画の黄金時代」まで読み終える。

 今後の創作活動について考える。

 真向かいのマンションの、今度は反対はじの部屋の飼い犬がやかましく吠える。
 こうなったら、犬小屋マンションとでも改名してはどうか?
 それにしても、金のためなら近所迷惑もなんのそのの真向かいのマンションのオーナーには腹が立つばかりだ。
 天罰よ下れ!

 今日も、甘いものは食さず。

 朝日新聞夕刊で、大阪市の公立小学校の教頭が公金115万円を着服し、懲戒免職になったと報じられている。
 30万円は、趣味のクラシック音楽のCDや雑誌に使ったともあるが、いったいどんなCDや雑誌をこの教頭は購入したのか…。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

『東宝行進曲』を読み始めた(CLACLA日記)

 またまた晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 若干勢いは弱まるも、今日も暑さが厳しい一日となる。
 電気代を恐れず、エアコンを入れたほうがよかったかもしれないな。
 身体が重だるかったので。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたのち、2時57分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていたこともあり、眠ることができたのは結局4時近くなってからだったが。

 暑さのせいで、何度か目が醒める。

 10時47分に起きる。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 中島京子の『イトウの恋』<講談社>を読了する。
 これまた読んで正解の作品だった。
 ああ、面白かった。
(『FUTON』、『イトウの恋』と読んで、中島さんもまた、書きたいことがはっきりとした作家の一人であることがわかった)

 仕事関係や企画関係の作業を進める。


 16時25分に外出し、まずは下京図書館へ。
 『イトウの恋』、西村雄一郎の『黒澤明と早坂文雄』<筑摩書房>、『ぶれない男熊井啓』<新潮社>を返却し、鈴木淳史の『背徳のクラシック・ガイド』<洋泉社新書y>、予約しておいた斎藤忠夫の『東宝行進曲』<平凡社>、中島京子の『女中譚』<朝日新聞出版>を新たに借りる。

 京都芸術センターで用件をいくつか片づけ、今日まで開催中の江本創展を観直したのち、ウィングス京都の図書館でしばらく調べものをする。

 再び京都芸術センターに寄って、フレスコで夕飯用の買い物をすませ、18時44分に帰宅した。


 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、湯浅卓雄指揮ニュージーランド交響楽団が演奏した黛敏郎のシンフォニック・ムード、バレエ音楽『BUGAKU』、曼荼羅交響曲、ルンバ・ラプソディ<NAXOS>を聴きながら、『東宝行進曲』を読み始め、起の巻「東宝映画の若き日」まで読み終える。
 「私の撮影所宣伝部50年」と副題にもあるように、『東宝行進曲』は、長らく東宝・砧撮影所で宣伝関係の部署に在籍した著者がその想い出をたっぷり語った一冊。
 面白し面白し。

 仕事関係の作業を進める。

 今日は、甘いものは食さず。

 小沢一郎が民主党代表選に立候補するという。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

もちょっと涼しくなってはくれないものか(CLACLA日記)

 またも晴天である。
 いいお天気、いい青空が続く。
 ゲリラ豪雨は困りものだが、ちょっとは雨降りになってくれてもいいのではないか。
 少しは気温も下がるだろうから。

 ひところに比べ若干勢いは弱まったとはいえ、それでも厳しい暑さの一日となる。
 が、エアコンは夕方になってからしか入れず。
 今日電気の検針があって、今月の電気代のあまりの高さにショックを受けたため。
 我慢我慢。
 それにしても、もちょっと涼しくなってはくれないものか。


 昨夜は、爆笑問題カーボーイを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたのち、2時41分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていたため、眠ることができたのは結局4時近くなってからだったが。

 9時41分に起きる。

 10時17分に外出し、近くの郵便局で用件をすませ、10時31分に帰宅する。

 とまる。編集部から、とまる。の最新号と「かわら版」の第1号が届く。
 いずれも、拙文が掲載されている。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 中島京子の『イトウの恋』<講談社>を読み進める。


 13時26分に外出し、京都芸術センターへ。
 京都国際舞台芸術祭2010(KYOTO EXPERIMENT)の記者会見に参加する。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 記者会見終了後、事務局長の丸井重樹さんらと少し話しをしたほか、鉄割アルバトロスケットの戌井昭人さんにご挨拶することができた。
(鉄割アルバトロスケットは知人から噂を聴いていたにもかかわらず、前回の京都公演を観逃してしまっていたのだ)

 その後、ポコ・ア・ポコをのぞいてから、京都文化博物館へ。
 用件を片づけたほか、ちょうど別館ホールで、コダーイのヴァイオリンとチェロの2重奏曲を練習していたので、一区切りつくまでそれを聴く。

 で、グルメシティで夕飯用の買い物をすませ、17時26分に帰宅した。
 汗びっしょり!


 帰宅後、仕事関係の作業を進める。

 夕飯後、エサ・ペッカ・サロネン指揮ロンドン・シンフォニエッタ他が演奏したストラヴィンスキーのバレエ音楽『プルチネッラ』<SONY>を聴く。

 続けて、パルナッシ・ムジチが演奏したドメニコ・ガッロの12のトリオ・ソナタ集(『プルチネッラ』のベースとなった作品の一つ)を聴く。

 そろそろエアコンを入れようか?
 汗がひどすぎる…。

 今日は、東ハトのmobiホワイトガナッシュ(1袋)を食す。
 先日、卸売ひろばタカギで購入しておいたもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 アニメーション映画監督の今敏が亡くなった。46歳。
 『パーフェクトブルー』、『千年女優』、そして筒井康隆原作による『パプリカ』などを監督した。
 深く、深く、深く、深く黙祷。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都国際舞台芸術祭2010(KYOTO EXPERIMENT)記者会見に参加して

 この秋開催される、京都国際舞台芸術祭2010(KYOTO EXPRIMENT)の事務局から、「レポートブロガー」として参加してみませんかという案内のメールが届いたこともあり、ブロガーなんて呼び方はどうもこそばゆいなとは思いつつも、いつものいっちょかみ精神がうずいて、今日14時からの記者会見に参加してきた。
(なお、「レポートブロガー」募集に関する問題については、すでに他の方が詳しく書かているし、事務局の方に直接話しもしたので、ここでは繰り返さないことにする)


 京都国際舞台芸術祭2010(KYOTO EXPRIMENT)は、京都市と京都芸術センター、財団法人京都市芸術文化協会、京都造形芸術大学舞台芸術研究センター、NPO法人京都アーツミーティングによる実行委員会が主催するもので、松田正隆/マレビトの会『HIROSHIMA-HAPCHEON:二つの都市をめぐる展示会』、三浦基/地点『−ところでアルトーさん、』、ジゼル・ヴィエンヌ(グルノーブル)『こうしておまえは消え去る』、戌井昭人/鉄割アルバトロスケット『鉄割のアルバトロスが 京都編』、ピチェ・クランチェン/ピチェ・クランチェン ダンスカンパニー(バンコク)『About Khon』、高山明/PortB『個室都市京都』、味方玄/京都芸術センター『待月(つきまち)』、岡田利規/チェルフィッチュ『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』、渡邊守章/京都造形芸術大学舞台芸術研究センター『アガタ』、フェデリコ・レオン(ブエノスアイレス)『未来のわたし』の合計10の公式プログラムのほか、小嶋一郎の『日本国憲法』『自殺対策基本法』とdracom(筒井潤)『事件母(JIKEN−BO)』の二つの提携公演、さらに若手団体によるフリンジ企画やフェステイバル・フォーラム、フェスティバル茶会、フェスティバル・ワークショップも予定されている。
 以上敬称略。
(主催者側から説明があったように、確かに「最先端」の舞台芸術を集めたラインナップではあるが、主催に京都造形芸術大学が入っていることもあって、どうしてもその色合いが濃いことは否めまい)


 今日の記者会見には、実行委員長の太田耕人とプログラムディレクターの橋本裕介さんのほか、松田正隆さん、三浦基さん、戌井昭人さん、味方玄さん、高山明さんが出席され、それぞれ自らの公演に関する説明や意志表明を行っていた。
 で、途中公演内容についての詳しい質問も出されていたのだが、公演前ということもあり、ここではあえて割愛することにする。
 その代わり、これまで接したことがない公演団体のうち、個人的には戌井昭人さん/鉄割アルバトロスケットとフェデリコ・レオンに強く興味を覚えたことを付記しておきたい。
(なお、三浦さんに質問したところ、今回の作品は、やはり昨年観た『追伸−A・アルトーによるテクストから−』をベースにしたものであるとのお返事をいただいた)


 記者会見の後半では、この京都国際舞台芸術祭を今後も継続して開催していきたいとの言葉が太田さんからあり、今回の観客目標数が6千人であることも明らかにされていた。
 その意味でも(これは僕自身が会場で質問したことでもあるのだが)、一方で京都以外からの「(舞台芸術祭を目当てにした)観光客」「訪問者」や、学生層をターゲットにするとともに、日頃演劇とはあまり関わりのない京都市民に今回の企画を周知徹底し、積極的に参加を促すことも、この京都国際舞台芸術祭を一過性のものとして終わらせないための大きな課題であると僕は考える。
(いわゆる「口こみ」が重要で、そのためにも「アーティストと観客を結ぶ」フェスティバル・ミーティング・ポイントの効果が期待される)
 加えて、太田さんも言及されていたが、今回は仕方なかったとしても、舞台芸術=総合芸術なのだから、音楽をはじめとした他(多)ジャンルへの視点が一層必要とされるのではないか。


 いずれにしても、京都国際舞台芸術祭2010(KYOTO EXPERIMENT)に関しては、公演内容ばかりではなく、その運営のあり様や、成果についても大いに注目し、大いに注視していきたい。
posted by figarok492na at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

『イトウの恋』を読み始めた(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。
 で、夕方頃から徐々にどんよりとし始め、ごどだだと雷鳴も轟いたが、結局雨降りにはならず。
 降れば少しは涼しくなっただろうになあ。
 やれやれ。

 今日も気温が上昇し、暑さが非常に厳しい一日となる。
 ああ。


 昨夜は、伊集院光の深夜の馬鹿力を聴きながら仕事関係の作業を進めたのち、2時57分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、結局眠ることができたのは4時近くなってからだったが。

 暑さが厳しいこともあって8時過ぎに目が醒め、9時15分に起きる。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 中島京子の『イトウの恋』<講談社>を読み始める。
 これまたたくみにたくまれた物語だ。
 僕の好みによく合っている。

 ほかに、服部龍二の『広田弘毅』<中公新書>の拾い読みもする。

 京都市図書館のインターネットサービスで、斎藤忠夫の『東宝行進曲』<平凡社>、中島京子の『女中譚』<朝日新聞出版>、小沢昭一の『慕いつづけたひとの名は』<晶文社>を予約しておく。

 これまでの作品(『カプリチオ』や『箱庭』といった「中間」的な小説)の見直しを行う。
 自分がエンタテインメントそのものを目指しているのではないことを、改めて確認する。

 17時27分に外出し、グルメシティやフレスコなどで夕飯用の買い物をすませ、17時50分に帰宅した。

 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 画家の入谷葉子さんから、neutron kyotoでの展示『縁側ララバイ』(8月31日〜9月12日)の案内のハガキが届く。
 入谷さんの作品は僕の好みに合っているので、実に愉しみだ。

 夕飯後、ハーゲン・カルテットが演奏したシューマンの弦楽4重奏曲第2番&第3番<ドイツ・グラモフォン>を聴きながら、仕事関係の作業を進め、『イトウの恋』を読み進める。
 『イトウの恋』は設定も面白い。

 これまでの作品(ワープロフロッピーに記録した)を見直し、改訂作業を行う(行える)かどうかを考える。
 どうしようもない作品の多さに、とても悲しくなる。

 今日は、甘いものは食さず。

 与えられた人生は一回きり。
 為すべきことをしっかり為していかなければ。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

『ぶれない男熊井啓』を読了した(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。
 雨が降らないなあ…。

 気温は今日も上昇し、厳しく辛い暑さの一日となる。
 暑い暑い暑い暑い!!!!
 エアコンを入れざるをえず。
 今日は処暑というのにねえ。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、3時16分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局4時を過ぎてからだったが。

 7時過ぎに目が醒め、2時間ほど仕事関係の作業を進める。

 その後二度寝をし、11時41分になって起きる。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 13時台に、浴室とトイレの掃除をすませる。

 西村雄一郎の『ぶれない男熊井啓』<新潮社>を読み進める。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 『盆栽と政治家』の下書きとノート書き、PCへの打ち込みを進める。

 17時21分に外出し、ドラッグランドひかりとグルメシティで夕飯用の買い物をすませ、17時55分に帰宅する。
 あまり長くは出歩かなかったが、それでもけっこう汗をかいた。
 やれやれ。

 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックが演奏したハイドンの交響曲第77番&第76番<BBCミュージックマガジン>を聴きながら、『ぶれない男熊井啓』を読み進め、読了する。
 著者西村雄一郎の熊井啓への深い敬愛の念が示された一冊だった。
(だからこそ、ときに厳しく的確な指摘も行われているが)

 仕事関係の作業を進める。

 今日は、ヤマザキのベルギーチョコ蒸しケーキを食す。
 ドラッグランドひかりで、半額引き、税込み56円だったもの。
 ごちそうさま!

 芸能リポーターの梨元勝が亡くなった。65歳。
 「恐縮です」というフレーズで知られ、1980年代の芸能界を象徴する人物の一人。
 最近は、テレビからネット上へと活躍の場を移して(移させられて)いた。
 肺がんで闘病中だったという。
 深く、深く、深く黙祷。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

早坂文雄は41歳で亡くなったのか…(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 今日も気温が上昇し、厳しい暑さの一日となる。
 電気代は気になりつつも、エアコンを入れざるをえず。
 そろそろ涼しくなってくれないものか。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時37分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局4時を過ぎてからだった。

 10時50分に起きる。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 西村雄一郎の『黒澤明と早坂文雄』<筑摩書房>を読み進め、読了する。
 早坂文雄という作曲家の生涯についてや、彼が黒澤明に与えた大きな影響が克明に描かれていて、実に読み応えがあった。
 それにしても、早坂文雄は41歳で亡くなったのか。
 と、言うことは今の僕と同じ年齢ではないか。
 いったい僕は何をやっているのだ。
 反省あるのみ。
 やるべきことをしっかりやっていかなければ。

 続けて、同じく西村雄一郎の『ぶれない男熊井啓』<新潮社>を読み始める。
 西村さんと長らく親しい関係にあった熊井啓監督の人生と作品を追った一冊である。

 今後の創作活動について考える。

 16時55分に外出し、千本三条の卸売ひろばタカギとローソンストア100、フレスコで夕飯用の買い物をすませ、17時43分に帰宅する。
 汗びっしょり!

 帰宅後、『盆栽と政治家』の下書きとノート書き、PCへの打ち込みを少しだけ進める。

 夕飯後、仕事関係の作業を進める。

 『ぶれない男熊井啓』を読み進め、第2章の「闘う男」まで読み終える。
 熊井監督の『帝銀事件死刑囚』や『日本列島』を久しぶりに観直したくなった。

 『盆栽と政治家』の下書きとノート書き、PCへの打ち込みを少しだけ進める。

 今日は、東ハトのmobiホワイトガナッシュ(2袋)を食す。
 タカギで、一袋税込み10円になっていたもの。
 ホワイトチョコを練り込んだ生地によるソフトな食感の一口サイズのビスケットで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 民主党の代表選に関して、またぞろ世論調査が行われているけれど。
 なんだかなあ、と口にしたくなってしまうな、どうにも。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

今日も京都芸術センターへ行った(CLACLA日記)

 第92回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)決勝。
 興南が東海大相模を13対1で破り、春夏連覇を果たすとともに、沖縄勢としては初の優勝校となった。


 どんよりとした感じはありつつも、一応青空が続く。

 気温も上昇し、暑さが非常に厳しい一日だった。
 電気代は怖いが、熱中症も怖い。
 と、言うことで、エアコンを入れざるをえず。
 まあ、仕方ない。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、3時14分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、結局眠ることができたのは4時近くなってからだったが。

 10時12分に起きる。

 すぐさま毎週恒例の洗濯を始める。
 ついでに、掃除機かけをすませる。

 途中、西村雄一郎の『黒澤明と早坂文雄』<筑摩書房>を読み進め、『盆栽と政治家』の下書きとノート書き、PCへの打ち込みを少しだけ進めた以外は、仕事関係や企画関係の作業を進める。


 17時10分に外出し、京都芸術センターへ。
 いくつか用件を片づけたほか、図書室で『音楽の友』9月号を読む。

 仕事関係の用件を片づけ、ブックファーストで『レコード芸術』9月号を立ち読みしたのち、グルメシティとフレスコで夕飯用の買い物をすませ、18時15分に帰宅する。


 帰宅後、仕事関係の作業を進める。

 夕飯後、フォルテピアノの小島芳子が弾いたベートーヴェンのクラヴィーア作品集(ソナタ第8番「悲愴」&第1番他)<DENON>を聴きながら、『黒澤明と早坂文雄』を読み進め、『盆栽と政治家』の下書きとノート書き、PCへの打ち込みを進める。

 仕事関係の作業を進める。

 今日は、甘いものは食さず。
 その代わり、カールのチーズ味を食す。
 フレスコのセールで、税込み88円だったもの。
 おなじみのチーズ味のカールで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

まだまだ暑い日が続きそうだ…(CLACLA日記)

 少しだけどんよりとした感じはあったものの、今日も晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温も上昇し、暑さが厳しい一日となる。
 いやあ、暑かった!


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、3時21分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、結局眠ったのは4時半近くなってからだったが。

 暑さもあって、6時過ぎに目が醒める。

 さらに8時近くに目が醒め、1時間半ほど仕事関係の作業を進める。

 その後二度寝をし、10時51分に起きる。

 仕事関係の作業を進める。

 企画関係の作業を進め、連絡作業を行う。

 西村雄一郎の『黒澤明と早坂文雄』<筑摩書房>を読み進め、第二部「東宝砧撮影所」の第二章「空襲のなかで」まで読み終える。

 仕事関係の作業を進める。


 17時30分に外出し、京都芸術センターへ。
 いくつか用件を片づける。

 それからグルメシティとフレスコで夕飯用の買い物をすませ、18時36分に帰宅する。
 汗をかくわ汗をかくわ。


 帰宅後、企画関係の作業を進める。

 少し遅めの夕飯後、ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したハイドンの交響曲第85番〜第87番<SONY>を聴きながら、仕事関係の作業を進め、『黒澤明と早坂文雄』を読み進める。

 そうそう、ただの語感の問題だけど、金八先生の教頭役や赤かぶ検事の刑事役をやっていた早崎文司って、1996年には亡くなっていたらしい。
 早崎さんが亡くなってから、もうすぐ15年にもなるのか。

 『盆栽と政治家』の下書きとノート書き、PCへの打ち込みを少しだけ進める。

 今日は、田口食品のふらんすキャベツ・もっちりワッフル・ホイップ&カスタードを食す。
 グルメシティで半額引き、税込み62円だったもの。
 ホイップクリームとカスタードクリームを挟んだ柔らかい食感のワッフルで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

町家dayに参加し、企画関係の打ち合わせを行った(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しく、とても激しい。
 夜になっても、蒸し暑くって仕方がない。
 やれやれ。


 昨夜は、仕事関係と企画関係の作業を進めたのち、2時46分に消灯する。

 7時過ぎに目が醒め、一時間半ほど仕事関係の作業を進める。

 二度寝したのち、10時45分に起きる。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 西村雄一郎の『黒澤明と早坂文雄』<筑摩書房>を読み進める。

 14時台に、浴室とトイレの掃除をすませる。


 15時10分に外出し、市バスで堀川中立売まで行く。
 で、先月、指揮者の本多優之さんといっしょに訪問した京都リサーチパーク町家スタジオへ足を運び、毎週木曜15時からの「町家day」に参加させていただく。
 前回お世話になった町家スタジオの木村さんにお礼を申し上げるとともに、IT産業の第一線で活躍中の方々からお話をうかがい、いろいろと刺激を受ける。
 非常に有意義な時間を過ごすことができた。
 皆さん、ありがとうございました。

 その後、堀川通の100円ケーキ屋さんでケーキを買ったのち、歩いて室町下立売のマリア書房まで。
 代表取締役社長の高野明子さんと、3階のギャラリーで進めていこうと考えている企画に関する打ち合わせを行う。
 一筋縄ではいかない作業だが、いい打ち合わせになったとも思う。

 堀川通のアイハート、フレスコ堀川店で買い物をすませ、市バスで四条堀川まで戻り、20時10分に帰宅した。


 少し遅めの夕飯後、ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したハイドンの交響曲第45番「告別」〜第47番<SONY>を聴きながら、企画関係の作業を進める。

 『黒澤明と早坂文雄』を読み進め、第一部の「旅立ち」を読み終える。

 今日は、100円ケーキのモンブランを食す。
 非常に懐かしく素朴な味わいのケーキで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

『黒澤明と早坂文雄』を読み始めた(CLACLA日記)

 晴天の一日。
 いいお天気、いい青空が続く。

 その分気温もぐんと上昇し、激しく厳しい暑さとなる。
 こりゃ、残暑なんてもんじゃないな。
 暑い暑い暑い暑い!!!!


 昨夜は、爆笑問題カーボーイを聴きながら仕事関係の作業を進めたのち、2時41分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、結局眠ることができたのは3時半を過ぎてからだったが。

 明け方、朝と、何度も目が醒める。

 10時33分に起きる。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 服部龍二の『広田弘毅』<中公新書>の拾い読みをする。

 『盆栽と政治家』という掌篇小説の下書きとノート書き、PCへの打ち込みを進める。

 仕事関係の作業を進める。


 16時50分に外出し、まず下京図書館へ。
 喜味こいしの『いとしこいし想い出がたり』<岩波書店>と中島京子の『FUTON』<講談社>を返却し、予約しておいた中島京子の『イトウの恋』<同>と西村雄一郎の『黒澤明と早坂文雄』<筑摩書房>、『ぶれない男熊井啓』<新潮社>を新たに借りる。

 それから、JEUGIA四条店で『ぶらあぼ』9月号を入手する。

 その後、大垣書店四条店で調べものをし、京都芸術センターでいくつか用件を片づけ、グルメシティで夕飯用の買い物をすませ、トーカイ四条大宮店でバスの回数券を購入し(明日、企画関係の用件で外出するため)、18時12分に帰宅する。
 いやあ、汗をかいたかいた。


 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、『黒澤明と早坂文雄』を読み始め、第一章の「少年時代」を読み終える。
 『黒澤明と早坂文雄』は、そのタイトル通り、日本を代表する映画監督の一人黒澤明と、彼の映画のために優れた音楽を提供した作曲家の早坂文雄の人生を丹念に描いた一冊である。
 非常に読み応えがありそうだ。

 『盆栽と政治家』の下書きとノート書き、PCへの打ち込みを進める。

 今日は、プレシアのもちもちっと食感のロールケーキを食す。
 グルメシティで半額引き、税込み79円だったもの。
 濃厚なクリームを包んだもちっとした食感のロールケーキで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ちょっと変化に乏しい日記(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 その分気温も上昇し、暑さがさらに厳しくなる。
 暑い暑い暑い暑い!!!!


 昨夜、実家から電話があり、母としばらく話しをする。
 9月の末に、父が京都を訪れると。
 直接父と会うのは、本当に久しぶりだなあ。
 とても愉しみだ。

 その後、伊集院光の深夜の馬鹿力を聴きながら仕事関係の作業を進めたのち、2時30分に消灯する。
 ただし、いろいろ考えごとをしていて、結局眠ることができたのは3時半近くなってからだった。

 10時34分に起きる。

 仕事関係の作業を進める。

 企画関係の作業を進める。

 中島京子の『FUTON』<講談社>を読み進める。

 企画関係の作業を進める。

 『FUTON』を読み進め、読了する。
 これは読んで正解の一冊だった。
 中島さんの作品は、今後も読み続けていきたいと思う。

 仕事関係の作業を進める。

 17時8分に外出し、グルメシティなどで夕飯用の買い物をすませて、17時30分に帰宅する。
 今日も、夕飯用の買い物以外は外出しなかった。
 まあ、仕方ないか。

 帰宅後、書類資料類の整理を行う。

 夕飯後、仕事関係の作業を進め、今後の創作活動について考える。

 ほかに、服部龍二の『広田弘毅』<中公新書>の拾い読みをする。

 今日も、甘いものは食さず。

 自分で記すのもなんだけど、今日はいつにも増して変化に乏しい日記になってしまった。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

今日は五山の送り火なれど(CLACLA日記)

 晴天から曇天へ。
 雨降りになりそうだ。

 気温は上昇し、暑さがとても厳しい一日になる。
 むしむしむしむしと蒸し暑く、全く快ならず。
 ついついエアコン(除湿)を入れてしまう。
 やれやれ。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたのち、2時56分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、結局眠ることができたのは4時近くなってからだったが。

 11時ちょうどに起きる。

 またぞろ真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠え続けている。
 飼い犬ではなく、飼い主やマンションのオーナーに鉄槌が下れと強く思う。

 フォルテピアノのトゥイャ・ハッキラが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第4番&第10番&第13番<FINLANDIA>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 中島京子の『FUTON』を読み進める。
 巧みにたくまれた作品だ。
 非常に面白い。

 フォルテピアノのバート・ファン・オールトが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第16番&第14番&第17番他<COLUMNS。を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 17時39分に外出し、グルメシティで夕飯用の買い物をすませ、18時12分に帰宅する。

 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、マルク・ミンコフスキ指揮ルーヴル宮音楽隊管楽メンバーが演奏したモーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』ハイライト(管楽合奏版)<ERATO>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 『FUTON』を読み進める。

 今日も、甘いものは食さず。
 その代わり、ゴーショクのいか姿あげを食す。
 グルメシティで、50円に値下げされていたもの。
 いか入りの記事を揚げたフライ菓子で、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!

 今日は、五山の送り火。
 なれど、全く関係のない我。
 ああ…。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

今日は敗戦の日(CLACLA日記)

 65回目の敗戦の日。
 全ての犠牲者に、深く、深く、深く、深く、深く黙祷。


 いいお天気、いい青空となる。

 日中は気温が上昇し、暑さがとても厳しい。
 が、夕方以降は少し涼しい感じに変わった。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたのち、2時52分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていたため、結局眠ることができたのは4時近くなってからだった。

 朝方何度か目が醒めたものの、起きたのは10時56分になってから。
 度し難い。

 真向かいのマンションの飼い犬が断続的にやかましく吠える。
 うっとうしいかぎり。
 無責任非常識な飼い主と、拝金主義丸出しのマンションのオーナーに天罰よ下れ!

 仕事関係の作業を進める。

 13時台に、浴室とトイレの掃除をすませる。

 喜味こいし(聞き手は戸田学)の『いとしこいし想い出がたり』<岩波書店>を読み進め、読了する。
 昔の芸人さんたちのエピソードなど、実に面白かった。
 また、こいしさんの広島での被爆体験に関しては、いろいろと考えさせられた。

 仕事関係の作業を進める。

 中島京子の『FUTON』<講談社>を読み始める。
 先頃直木賞を受賞した中島京子の初めての書き下ろし作品で、田山花袋の『蒲団』を「打ち直し」たもの。
 冒頭部分から、惹き込まれた。

 京都市図書館のインターネットサービスで、西村雄一郎の『黒澤明と早坂文雄』<筑摩書房>と『ぶれない男熊井啓』<新潮社>、中島京子の『イトウの恋』<講談社>を予約しておく。

 仕事関係の作業を進める。

 今後の創作活動について考える。

 17時39分に外出し、千本三条の卸売ひろばタカギ、ローソンストア100、グルメシティで夕飯用の買い物をすませ、18時28分に帰宅した。

 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、仕事関係の作業を進める。

 『FUTON』を読み進める。
 やはり面白い。

 今日も、CO・OPの野菜バーを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都国際舞台芸術祭2010の記者会見に関して

 今夜、京都国際舞台芸術祭2010実行委員会事務局の国頭郁美さんから、25日14時より京都芸術センターで行われる同芸術祭の記者会見に関する案内のメールが送られてきた。
 詳細は以下の通り(案内のメールよりコピー)だが、これまでメディア関係者に限定がちだった記者会見に、こうしてブロガーが招待されるというのは、非常に興味深いことだ。
 日程的に今のところ大丈夫そうなので、僕自身早速応募させていただこうと思う。



/////////////////////////////////////
 一足先に、『現在』へ。
 10名限定、レポートブロガー募集。
///////////////////////////////

世界から舞台芸術の〈現在〉が集う、
京都初の国際舞台芸術フェスティバル「KYOTO EXPERIMENT」 。
フランス、アルゼンチン、タイ、そして日本を代表するアーティストが、この秋京都に集います。

それに先がけて、8月25日(水)京都芸術センターにて記者会見を行います。
内容は、KYOTO EXPERIMENTのご紹介、参加アーティスト質疑応答などを予定。
会見当日は、松田正隆(マレビトの会)、三浦基(地点)、味方玄、高山明(Port B)らが出席します。

この記者会見を、ご自身のブログでご紹介くださる方10名をご招待いたします。
演劇や舞台芸術にお詳しい方も、初めてご覧になるという方も、
KYOTO EXPERIMENT の魅力に、ひと足早く触れてみませんか?

◆ 記者発表 ◆

日時: 2010年8月25日(金) 受付:13:30 開始:14:00
場所: 京都芸術センター和室 「明倫」


◆ 応募概要 ◆

対象: ご自身のブログをお持ちの方
記者発表の模様をブログ記事に載せてくださる方(掲載締切:8月31日(火))

定員: 10名程度
※応募が定員を上回った場合、参加は抽選となります。
※参加者には、KEX観劇特典がございます。

◆応募方法◆

8月23日(月)中に、E-mail(info@kyoto-ex.jp)にて、
以下の内容を京都国際舞台芸術祭2010実行委員会事務局までご応募ください。

[件名] KYOTO EXPERIMENT ブロガー応募

[必要事項]
1. お名前
2. メールアドレス
3. ご住所
4. ブログのURL
5. KYOTO EXPERIMENT のどこに興味を持たれましたか?


皆様からのご応募を心よりお待ちしております。


////////////////////////////////////////////////////////////////////
お問い合わせ:
京都国際舞台芸術祭2010 [KYOTO EXPERIMENT] 事務局(平日11:00―20:00) 
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
       京都芸術センター内
TEL 075-213-5839 / FAX 075-213-5849 / E-mail info@kyoto-ex.jp / http://kyoto-ex.jp/
/////////////////////////////////////////////////////////////////////
posted by figarok492na at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

『いとしこいし想い出がたり』を読み始める(CLACLA日記)

 太陽は見えつつも、どんよりとした感じの強いお天気となる。
 すっきりとは晴れきらなかったなあ。

 気温は上昇し、暑さがとても厳しい一日。
 ついつい日中からエアコン(除湿)を入れてしまう。
 電気代は怖いが、仕方ない。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたのち、2時30分に消灯する。
 ただし、せっかくうとうとしかかった3時過ぎに、またぞろ真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠えて目が醒めてしまう。
 結局、4時近くなって眠ることができた。

 8時過ぎにまたぞろ犬が吠え続け、目が醒める。
 一時間半ほど、寝床の中で仕事関係の作業を進める。

 なんとか二度寝をし、11時39分になって起きる。

 すぐさま毎週恒例の洗濯を始める。
 ついでに、掃除機かけもすませる。

 仕事関係の作業を進める。

 田草川弘の『黒澤明vs.ハリウッド』<文藝春秋>を読了する。
 黒澤明が追い詰められ、『トラトラトラ!』の監督を解任されるまでの経緯を、当時の文書や関係者の証言から推察した一冊。
 その後の黒澤明の変化を考える上でも、刺激を受けるところ大だった。

 仕事関係の作業を進める。


 16時16分に外出し、下京図書館へ。
 『黒澤明vs.ハリウッド』を返却し、予約しておいた喜味こいしの『いとしこいし想い出がたり』<岩波書店>と中島京子の『FUTON』<講談社>を新たに借りる。

 仕事関係の用件を片づけたのち京都芸術センターへ移動し、いくつか用件を片づける。
(山口浩章さんと遭遇し、あいさつをする)

 それから、グルメシティ、千本三条のローソンストア100、卸売ひろばタカギで夕飯用の買い物をすませ、18時6分に帰宅した。


 帰宅後、仕事関係の作業を進める。

 夕飯後、仕事関係の作業を進める。

 『いとしこいし想い出がたり』を読み始める。
 『いとしこいし 漫才の世界』<岩波書店>の共編者、戸田学を聞き手に、喜味こいしが自身と「いとしこいし」の想い出をじっくりと語り込んだ一冊。
 面白し。

 今日は、甘いものは食さず。
 その代わり、CO・OPの野菜バーを食す。
 実家から送ってきたもの。
 野菜の風味がほどよくきいたスティックタイプのビスケット(甘さはほとんどない)で、なかなか美味しうございました。
 個人的には、野菜サブレよりこっちのほうが好きだ。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

世はお盆休みなれど(CLACLA日記)

 世はお盆休みなれど、こちらはそうそうゆっくりできる状況には非ず。


 どんよりとしたお天気が続く。

 気温は再び上昇し、蒸し暑さが厳しい一日となる。
 やれやれ。
(それでも、日中はエアコンを入れなかったが)


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時30分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局3時半近くなってからだったが。
(ナイナイのオールナイトニッポンは、はじめのほうと終わりのほうを聴いただけ)

 7時過ぎに一度起きて、1時間半ほど仕事関係の作業を進める。

 その後二度寝をし、10時40分に再び起きる。

 企画関係の作業を進める。

 ピアノのエリザベート・レオンスカヤとヒュー・ウルフ指揮セント・ポール室内管弦楽団が演奏したショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番&第2番、ピアノ・ソナタ第2番<TELDEC>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 断続的に、田草川弘の『黒澤明vs.ハリウッド』<文藝春秋>を読み進め、第五章の「クロサワのこだわり」まで読み終える。

 仕事関係の作業を進める。

 16時46分に外出し、グルメシティなどで夕飯用の買い物をすませ、17時23分に帰宅する。

 帰宅後、ピアノのエリザベート・レオンスカヤとボロディン・カルテットが演奏したショスタコーヴィチのピアノ5重奏曲&ピアノ3重奏曲第2番<TELDEC>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 夕飯後、ピアノのルスティム・ハイルディノフが弾いたショスタコーヴィチの劇音楽集(ピアノ編曲版)<CHANDOS>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 息抜きがわりに、『黒澤明vs.ハリウッド』を読み進め、第七章の「≪検証その一≫思いこみの謎」まで読み終える。

 真向かいのマンションでは、反対はじの部屋まで犬を飼い始めたようで、わうわうわうわうとやかましく吠えている。
 金のためなら近所迷惑など屁の河童、という真向かいのマンションのオーナーへの怒りが一層増す。

 今日も、CO・OPの野菜サブレを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

無事会議を終えた(CLACLA日記)

 台風4号の影響で、どんよりとしたお天気の一日。
 お昼過ぎまでは、雨が降り続けていた。

 気温はそれほど上昇しなかったが、湿度が高い分、じめじめじめじめとしてあまり快ならず。
 帰宅後、エアコン(除湿)を入れてしまった。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時44分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局4時近くなってからだったが。

 またぞろ真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠え続けたため、9時過ぎに目が醒める。
 腹立たしく、度し難い。

 そのまま寝直すことができず、10時20分に起きる。

 仕事関係の作業を進める。


 12時3分に外出し、まずは下京図書館へ。
 小林信彦の『映画が目にしみる』と『黒澤明という時代』<ともに文藝春秋>、川上未映子の『わたくし率 イン 歯ー、または世界』<講談社>を返却し、予約しておいた田草川弘の『黒澤明vs.ハリウッド』<文藝春秋>を新たに借りる。

 それから、五条通のフレスコでミネラルウォーターを買い、歩いて河原町正面のひとまち交流館まで行く。
 で、音楽関係の会議に参加する。
 3時間近くかけて、無事終了した。

 その後、河原町で仕事関係の用件を片づけ、ついでにAvis、ポコ・ア・ポコをのぞき、京都芸術センターでいくつか用件を片づけたのち、グルメシティなどで夕飯用の買い物をすませて、17時57分に帰宅する。

 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、アンドリュー・デイヴィス指揮BBC交響楽団が演奏したエルガーの『ファルスタッフ』他<TELDEC>を聴きながら、『黒澤明vs.ハリウッド』を読み始め、第二章の「天の召命」まで読み終える。

 今後の創作活動について考える。

 ほかに、色川武大の『寄席放浪記』<河出文庫>の拾い読みもする。

 夜になって、またぞろ真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠え始めたので、飼い主を厳しく叱りつける。
 同じことの繰り返しだ…。

 今日は、CO・OPの野菜サブレを食す。
 実家から送ってきたものなり。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 日航機の墜落事故から25年が経った。
 全ての犠牲者に、深く、深く、深く、深く、深く黙祷。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

台風が近づいているようで(CLACLA日記)

 台風4号の影響か、青空は見えつつも、どんよりとした感じの強いお天気となる。
 明日は、雨降りになりそうだ。
 やれやれ。
(明日、企画関係の会議が午後から予定されていて、歩いてそこまで行こうと思っていたのだが…)

 気温は、それなりに上昇。
 日中、夕方とエアコン(除湿)を入れてしまう。
 まあ、仕方ないか。


 昨夜は、爆笑問題カーボーイを聴きながら仕事関係の作業を進めたのち、2時43分に消灯する。
 ただし、いろいろ考えごとをしていて、眠ることができたのは結局3時を過ぎてからだったが。

 10時29分に起きる。

 仕事関係の作業を進める。

 フォルテピアノのメルヴィン・タンとニコラス・マッギガン指揮フィルハーモニア・バロック管弦楽団が演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第19番&第18番<ハルモニアムンディ・フランス>を聴きながら、企画関係の作業を進める。

 川上未映子の『わたくし率 イン 歯ー、または世界』<講談社>を読了する。
 タイトルからも推察できるように、いわゆる「自同律(の不快)」への川上未映子の向き合い方がよく示された作品。
 知情意のバランス感覚も見事だと思う。

 企画関係の作業を進める。

 16時台に、浴室とトイレの掃除をすませる。

 16時50分に外出し、千本三条のローソンストア100とグルメシティで夕飯用の買い物をすませ、17時44分に帰宅する。

 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマー・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第4番&第7番<RCA>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 息抜きがわりに、色川武大の『寄席放浪記』<河出文庫>の拾い読みをする。

 今日は、オイシスのたい焼き(2尾)を食す。
 ローソンストア100で、50円引きになっていたもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 夜郎自大忌むべし。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

どんよりとした一日(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 夕方には、激しい雨降りとなる。

 気温もそれほど上昇せず。
 ただし、湿度が高い分、じめじめむしむしとしてあまり快ならず。


 昨夜は、伊集院光の深夜の馬鹿力を聴きながら仕事関係の作業を進めたのち、2時40分に消灯する。
 いろいろ考えごとをしていて、結局眠ることができたのは3時を過ぎてからだったが。

 6時頃に一度目が醒め、しばらく考えごとをする。

 10時49分に起きる。

 ギュンター・ヴァント指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第2番<ドイツ・ハルモニアムンディ/EMI>、ヴァイオリンのシェロモ・ミンツとクラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルが演奏したブラームスのヴァイオリン協奏曲&大学祝典序曲<ドイツ・グラモフォン>を続けて聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 途中、息抜きがわりに小林信彦の『黒澤明という時代』<文藝春秋>を読み進め読了し、川上未映子の『わたくし率 イン 歯ー、または世界』<講談社>を読み始める。
 『黒澤明という時代』は、非常に読みやすい一冊。
 一方、『わたくし率…』は、しょっぱなから巧みにたくまれた作品だと思う。

 京都市図書館のインターネットサービスで、田草川弘の『黒澤明vsハリウッド』<文藝春秋>、喜味こいしの『いとしこいし想い出がたり』<岩波書店>、中島京子の『FUTON』<講談社>を予約しておく。

 また、今後の創作活動についても考える。

 17時16分に外出し、近くのダイソーでシェイビングクリームを2本購入する。
 その後、グルメシティとフレスコで夕飯用の買い物をすませて、17時47分に帰宅した。

 帰宅後、エアコン(除湿)を入れる。
 部屋に湿気がこもっており、むわっとした感じが相当強かったため。

 夕飯後、ダニエル・バレンボイム指揮シカゴ交響楽団が演奏したワーグナーの序曲・前奏曲集<TELDEC>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 途中、息抜きがわりに『わたくし率…』を読み進める。
 面白し。

 今日は、CO・OPの野菜サブレを食す。
 実家から送ってきたもの。
 野菜の風味がしっかりきいたサブレで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!
(なお、製造は日清シスコが行っている)

 元衆議院議員の浜田幸一が逮捕されたという。
 もともとその筋出身の人物だったから(自ら公言していたし)、こうした形で逮捕されること自体は全く驚きではない。
 ただ、どうして今なのか、ということはやはり気になる。

 右の鼻の穴に鼻たけができて重痛く、どうにもうっとうしい。
 やれやれ。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

長崎への原爆投下から65年が経った(CLACLA日記)

 アメリカによる長崎への原子爆弾の投下から65年が経った。
 全ての犠牲者に対し、深く、深く、深く、深く、深く黙祷。

 広島、そして長崎への原子爆弾の投下は、歴史上許されざる犯罪行為の一つである。
 そのことは、日本の戦争責任云々かんぬんとは別個のものとして、やはり強調しておかなければならない。

 だが一方で、長崎が、戦前戦中ばかりか、戦後もなお、「三菱」の街であったことも忘れてはならないと、長崎に生まれ育った者の一人として、僕は強く思う。


 青空は見えつつも、どんよりとした感じが増す。
 雨降りになるのか?
 そういえば、ここのところあまり雨が降っていないが。

 気温は少し下がったようで、涼しげな風も吹く。
 日中、夕方ともエアコンを入れずに過ごした。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたのち、2時38分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局3時半近くなってからだったが。

 10時23分に起きる。

 仕事関係の作業を進める。

 11時2分に黙祷する。

 実家から荷物が届く。
 多謝。

 仕事関係の作業を進める。

 途中、息抜きがわりに小林信彦の『映画が目にしみる』<文藝春秋>を読み進め読了し、同じく小林信彦の『黒澤明という時代』<同>を読み始める。

 テノールのクリストフ・プレガルディエンとフォルテピアノのアンドレアス・シュタイアーが演奏したシューベルトの歌曲集『美しき水車小屋の娘』<ドイツ・ハルモニアムンディ>を聴きながら、書類資料類の整理を行い、仕事関係の作業を進める。

 続けて、ラルキブデッリが演奏したブラームスの弦楽6重奏曲第1番<SONY>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 16時33分に外出し、京都芸術センターでいくつか用件を片づけ、グルメシティなどで夕飯用の買い物をすませたのち、17時22分に帰宅する。

 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、チェロのアンナー・ビルスマ他が演奏したシューベルトの弦楽5重奏曲他<SONY>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 途中、息抜きがわりに『黒澤明という時代』を読み進める。

 続けて、モザイク・カルテットが演奏したメンデルスゾーンの弦楽4重奏曲第1番&第2番<Astree>を聴く。

 今日も、甘いものは食さず。
 その代わり、実家から送ってきた豆菓子(小袋)を食す。
 ごちそうさまでした!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

南美江と高津住男が亡くなった もしくは、ばたばたした一日(CLACLA日記)

 俳優の南美江が亡くなった。94歳。
 宝塚少女歌劇団から文学座、NLT、円と舞台で活躍したほか、映画やテレビドラマにも数多く出演した。
 独特のエロキューションで、背筋がしゃんとした感じのする役者さんで、例えば名門女子高の誠実な校長なんて役柄がぴったりだったような気がする。
 個人的には、黒澤明の『生きる』の家政婦(志村喬演じる主人公の家の)役なども強く記憶に残っている。
 深く、深く、深く、深く黙祷。

 俳優の高津住男も亡くなった。74歳。
 映画やテレビドラマで活躍し、舞台での活動にも積極的だった。
 また、真屋順子の夫で、彼女の闘病(脳出血)生活を支えたことでも知られた。
 真屋さんの想いや如何に。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 どんよりとした感じもなくはなかったが、概していいお天気、いい青空が続く。

 気温も上昇し、暑さがとても厳しい一日だった。
 やれやれ。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたのち、3時7分に消灯する。

 7時過ぎに起き、仕事関係の作業を進める。

 10時過ぎに外出し、仕事関係の用件を片づけ、ついでにスギ薬局でセールのお米を買っておく。

 帰宅後、さらに仕事関係の作業を進める。

 企画関係でちょっとしたトラブルがあり、その対応のために予定が大きく狂う。
 うむむ。

 13時台に、浴室とトイレの掃除をすませる。


 13時40分に外出し、歩いて河原町正面のひとまち交流館へ。
 企画関係の用件を片づける。
(途中、ハン六でコピーをしようと考えていたが、日曜はお休みだった。ついていない)

 その後、四条河原町まで出て、仕事関係の用件をいくつか片づける。

 タワーレコード、Avis、JEUGIA三条本店、ブックオフ、紀伊國屋書店、ポコ・ア・ポコをのぞいたのち、中京青少年活動センターと京都芸術センターでいくつか用件を片づけ、グルメシティなどで夕飯用の買い物をすませ、17時32分に帰宅する。
 正直、疲弊した。


 帰宅後、今後の創作活動について考える。

 夕飯後、仕事関係の作業を進める。

 途中、息抜きがわりに小林信彦の『映画が目にしみる』<文藝春秋>を読み進める。
 文庫化されたら即購入するつもりだが、そちらには写真が掲載されないのではと思い、図書館で借りて読んでおくことにしたのである。
 せこい、と言うなかれ。

 またぞろ真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠え続けているので、飼い主を厳しく叱りつける。
 こういう風に叱られないと窓を閉めようとしないのだから、どうしようもない。
 うっとうしいかぎり。
(むこうもそう思っているだろうけど、もとはといえば、飼い主自身の責任なのだ)

 今日は、甘いものは食さず。
 本当は、甘いものでも食べないとやってられないんだけど。
 お金がないからね。
 まあ、仕方ない。

 残念に思うとか、心苦しいとか、そんな言葉をいくら重ねたところで、具体的に対処をしなければ、そんなものただの空手形に過ぎない。
 そして、いつまでも空手形をあてにしているような人間はそうそういない。
 自省あるのみだ。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

今日は立秋だったのだ(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、いいお天気、いい青空が続く。
 お昼以降は、よく晴れていた。

 その分気温は上昇し、暑さが厳しい一日となる。
 ただし、涼しい風が吹いていたこともあり、日中はエアコンを入れず。
(夕方の外出後、汗をとるために入れたが)


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたのち、2時45分に消灯する。
 いろいろと考えごとをしていて、眠ったのは結局4時近くなってからだが。
(ラジオ深夜便で、美空ひばりと高石ともやの「夢の競演」をやっていたので聴いたが、時期が時期だけに、美空ひばりでは『一本の鉛筆』、高石ともやでは『戦争の親玉』をそれぞれとり上げてもらいたかった)

 10時38分に起き、すぐさま毎週恒例の洗濯を始める。
 ついでに掃除機かけもすませる。

 途中、息抜きがわりに色川武大の『なつかしい芸人たち』<新潮文庫>を拾い読みしたほかは、仕事関係の作業を進める。


 15時38分に外出し、まずは下京図書館へ。
 長谷川毅の『暗闘 スターリン、トルーマンと日本降伏』<中央公論新社>を返却し、予約しておいた小林信彦の『映画が目にしみる』と『黒澤明という時代』<ともに文藝春秋>、川上未映子の『わたくし率イン歯ー、または世界』<講談社>を新たに借りる。

 仕事関係の用件を片づけたのち、COCON烏丸に入り、京都シネマとACTUSをのぞく。
 Shin−biは、予定通り閉店されていた。

 大垣書店四条店で調べものをし、ついでに『レコード芸術』8月号の「座り読み」をする。

 広田ゆうみさんと遭遇し、しばらく立ち話をする。

 京都芸術センターでいくつか用件を片づけ、千本三条のローソンストア100で夕飯用の買い物をすませ、17時48分に帰宅した。


 帰宅後、早速『映画が目にしみる』を読み始める。
 面白し面白し。

 夕飯後、山田一雄指揮新日本フィルが演奏したモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」他<FONTEC>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 途中、息抜きがわりに『映画が目にしみる』を読み進める。

 夜になって、さらにしのぎやすい感じがする。
 そういえば、今日は立秋だったのだ。

 今日は、たい焼き(2個)を食す。
 ローソンストア100で、50円引きだったもの。
 オーソドックスなたい焼きで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!
(なお、アンコは尻尾までたっぷり詰まっていた)

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

広島への原爆投下から65年が経った(CLACLA日記)

 アメリカによる広島への原子爆弾投下から65年が経った。
 全ての犠牲者に、深く、深く、深く、深く、深く黙祷。

 それにしても、被爆国である国の総理大臣が未だに核抑止力が必要だと公言して恥じないというのは、いったいどういうことだろうか。


 どんよりとした感じは増すも、いいお天気、いい青空が続く。

 気温は今日も上昇。
 厳しい暑さの一日となる。
 ただし、夕方以降は涼しい風が吹き、少ししのぎやすくなったか?
(部屋の中は、日中の熱気がこもっているため、あまりしのぎやすくはないけれど…)


 昨夜、実家から電話があり、母と少し話しをする。

 その後、ナイナイのオールナイトニッポンを聴きながら仕事関係の作業を進め、2時37分に消灯する。
 いろいろ考えごとをしていて、眠ることができたのは結局3時半を過ぎてからだったが。

 10時46分に起きる。

 時折、息抜きがわりに小林信彦の『昭和が遠くなって』<文春文庫>や色川武大の『寄席放浪記』<河出文庫>を拾い読みしたり、企画関係の作業を進めたほかは、ほぼ仕事関係の作業を進める。

 17時49分に外出し、グルメシティで夕飯用の買い物をすませ、18時13分に帰宅する。

 夕飯後、ルネ・ヤーコプス指揮フライブルク・バロック管弦楽団が演奏したハイドンの交響曲第91番&第92番「オックスフォード」<ハルモニアムンディ・フランス>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 今日は、おやつがわりにヤマザキの薄皮つぶあんぱんを食す。
 昨日の残りなり。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 今夜は、京都市交響楽団の定期演奏会が開催される予定だったが、やはり聴きに行くことはできなかった。
 非常に残念。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

仕事関係の作業を進めた一日(CLACLA日記)

 一応青空は見えつつも、どんよりとした感じの強い一日となる。
 雨降りになるのか?

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。
 やれやれ。


 昨夜、実家から電話があり、母と少し話しをする。
 病院に行き、血圧のほうも落ち着いてきたとのこと。
 まずは、ほっとする。

 その後、仕事関係の作業を進めたのち、2時32分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、結局眠ることができたのは3時を過ぎてからだった。

 10時24分に起きる。

 仕事関係の作業を進める。

 アンドレ・プレヴィン指揮ロイヤル・フィルが演奏したエルガーの交響曲第1番<PHILIPS>を聴きながら、長谷川毅の『暗闘 スターリン、トルーマンと日本降伏』<中央公論新社>を読み進める。

 仕事関係の作業を進める。

 ベルナルト・ハイティンク指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したエルガーの交響曲第2番<EMI>を聴きながら、『暗闘』を読み進め、読了する。
 この時期に読み終えておくに相応しい一冊だったと思う。

 京都市図書館のインターネットサービスで、小林信彦の『映画が目にしみる』と『黒澤明という時代』<ともに文藝春秋>、川上未映子の『わたくし率イン歯ー、または世界』<講談社>を予約しておく。

 仕事関係の作業を進める。


 16時28分に外出し、京都芸術センターへ。
 いくつか用件を片づける。

 それから、ドラッグランドひかりやグルメシティ、フレスコで夕飯用の買い物をすませて、17時40分に帰宅する。


 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、今後の創作活動について考え、『昭和十五年十月の岸田國士』の下書きとノート書き、PCへの打ち込みを少しだけ進める。

 仕事関係の作業を進める。

 その後、小林信彦の『昭和が遠くなって』<文春文庫>の拾い読みをする。

 今日は、ヤマザキの薄皮つぶあんぱんを食す。
 フレスコのセールで、税込み88円だったもの。
 つぶあんがたっぷり入った小ぶりのあんぱんで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

いくら才能に秀でていても(CLACLA日記)

 いくら才能に秀でていても、それだけでは高い評価は得られない。
 と、つくづく思う今日この頃だ。
 自省あるのみ。
(って、自分が才能に秀でていると言いたいわけじゃない)


 どんよりとした感じは増すも、概していいお天気、いい青空の一日。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。
 やれやれ。


 昨夜、近くで火事が起きる。
 消防車のサイレンが鳴り響き、消防隊員の怒号が聞こえ、焦げ臭いにおいが漂ってきたりして、けっこう大変だった。

 母から電話があり、血圧が下がったこともあり、病院には行かなかったと。
 一応今日病院に行くとは行っていたが、心配だ。

 その後、爆笑問題カーボーイを聴きながら仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時19分に消灯する。

 9時22分に起きる。


 9時28分に外出し、近くの整形外科へ。
 前回の血液検査の結果を聴き、処方箋をもらったあと四条通のスギ薬局へ行き、薬を受け取る。

 ついでに、グルメシティ、フレスコで買い物をすませ、10時38分に帰宅する。


 仕事関係の作業を進める。

 企画関係の作業を進める。

 長谷川毅の『暗闘 スターリン、トルーマンと日本降伏』<中央公論新社>を読み進め、第五章の「原爆とソ連の参戦」まで読み終える。

 14時少し前に、浴室とトイレの掃除をすませる。

 依頼された文章を書き上げる。

 仕事関係の作業を進める。


 17時27分に再び外出する。

 まず、ファミリーマート四条大宮店で、週刊文春の小林信彦の連載エッセイと黒澤明の特集だけを立ち読みする。
(小林さんのエッセイも、黒澤明の特集に組み込まれていた)

 グルメシティで買い物をすませたのり、スギ薬局へ。
 お薬手帳を渡し忘れたと電話があったため。
 ついでに、セールのトイレットペーパーとねり歯磨きを購入しておく。

 それからフレスコで買い物をすませ、18時17分に帰宅した。


 帰宅後、書類の整理を行う。

 夕飯後、小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラが演奏したブラームスの交響曲第4番、ハンガリー舞曲第5番&第6番<PHILIPS>を聴きながら、『暗闘』を読み進め、第六章の「日本の無条件降伏受諾」まで読み終える。

 真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠え始めたとたん、飼い主がこちらのほうをちらちらとのぞいている。
 こちらの顔色をうかがう前にやることがあるだろうに。
 度し難し。

 今日は、阪神製菓の泰平庵・ふわどらを食す。
 グルメシティで、半額引き、税込み49円だったもの。
 つぶあんがたっぷりと入ったどら焼きで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

大禍なければよいが(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 そして、気温は今日も上昇。
 暑さがとても厳しい一日となった。
 暑い暑い暑い暑い!!!!


 昨夜、実家から電話があり、一時間近く母と話しをする。
 血圧がとても高くなっていると聴き、今日にでも病院に行っておくよう頼む。
 大禍なければよいが。

 その後、伊集院光の深夜の馬鹿力を聴きながら仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時37分に消灯する。

 暑さに加え、またぞろ真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠え続けたこともあり、7時過ぎに目が醒める。
 非常識で無神経な飼い主に対する憎悪の念がいや増しに増す。
 度し難し。

 10時42分に起きる。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 長谷川毅の『暗闘 スターリン、トルーマンと日本降伏』<中央公論新社>を読み進める。

 企画関係の作業を進める。

 クラウディオ・アバド指揮ヨーロッパ室内管弦楽団が演奏したロッシーニの序曲集<ドイツ・グラモフォン>を聴きながら、依頼されていた文章の第一稿を仕上げる。


 16時20分に外出し、京都芸術センターへ。
 いくつか用件を片づける。

 それから、千本三条のローソンストア100、グルメシティ、フレスコで夕飯用の買い物をすませ、17時58分に帰宅した。


 帰宅後、企画関係の作業を進める。

 夕飯後、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティークが演奏したシューマンの交響曲第4番(初版)&第2番<ARCHIV>を聴きながら、『暗闘』を読み進め、第三章の「戦争と平和の決定」まで読み終える。
 なお、当初、京都が原爆投下の第一候補地となっていたことは、やはり忘れてはならないと思う。

 今日は、七尾製菓のひとくちハニードーナツを食す。
 フレスコのセールで、税込み98円だったもの。
 蜂蜜の風味がきいた小ぶりなドーナツで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!
(甘いものでも食べなきゃ、やってられないよ…)

 映画・音楽評論家の今野雄二が亡くなった。66歳。
 深く、黙祷。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

時間を大切にしていかなければ(CLACLA日記)

 一度過ぎ去った時間を取り戻すことは絶対に出来ない。
 一日一日を本当に大切にしていかなければ。


 晴天。
 いいお天気、いい青空になる。

 その分気温も上昇し、暑さがとても厳しい一日だった。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち2時31分に消灯する。

 10時8分に起きる。

 企画関係や仕事関係の作業を進める。

 長谷川毅の『暗闘 スターリン、トルーマンと日本降伏』<中央公論新社>を読み進める。

 企画関係の作業を進める。

 仕事関係の作業を進める。

 18時5分に外出し、千本三条の卸売ひろばタカギとローソンストア100で夕飯用の買い物をすませ、19時ちょうどに帰宅する。

 夕飯後、ヤープ・テル・リンデン指揮モーツァルト・アカデミー・アムステルダムが演奏したモーツァルトの交響曲第20番〜第23番<BRILLIANT>を聴きながら、『暗闘』を読み進め、第二章の「スターリン、トルーマン、天皇の新しい課題」まで読み終える。

 8月の創作活動について考える。

 今日も、甘いものは食さず。
 大緊縮財政中ゆえ、我慢我慢。

 それにしても、励めば励むほど努めれば努めるほど出費がかさむというこの矛盾。
 石川啄木のあの歌を思い出す。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

今日から8月 会議に参加し、朗読会を観聴きした(CLACLA日記)

 今日から8月。
 2010年も、残すところ5ヶ月を切ってしまった。
 一日一日を大切にしていかなければ。
 そして、メメントモリ!


 どんよりとした感じの強い一日。
 陽の光もけっこう見えてはいたが、途中小雨がぱらついたりもした。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時39分に消灯する。

 10時3分に起きる。

 企画関係や仕事関係の作業を進める。


 12時8分に外出し、烏丸通のホテル・モントレ京都のカフェで、指揮者の本多優之さんと進めている音楽関係の企画に関する会議を行う。
 まずは無事終了し、ほっとする。
(なお、本多さんはスカイプでの参加だった)

 会議終了後、京都芸術センターでいくつか用件を片づけ、ダイソーやトーカイ四条大宮店で買い物をしてから、15時40分に帰宅する。

 帰宅後、企画関係の作業を進め、長谷川毅の『暗闘 スターリン、トルーマンと日本降伏』<中央公論新社>を読み進める。


 16時37分に再び外出し、市バスで今出川浄福寺へ。

 古本市場と桜井公園をのぞいたあと、西陣ファクトリーGardenに行き、豊島由香さんの朗読企画『ひそりと、あなたにあう日』、その「ひとつめ」を観聴きする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 開演前終演後、豊島さんと少し話しをしたほか、関係各氏と話しをしたり、あいさつをしたりする。

 帰りがけ、千本三条でバスを降り、ローソンストア100、フレスコで夕飯用の買い物をすませ、19時51分に帰宅した。

 少し遅めの夕飯ののち、企画関係の作業を進める。

 今日は、ヤマザキのメロンパン(中が3個入り)を食す。
 ダイソーで購入したもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひそりと、あなたにあう日 ひとつめ

 豊島由香さんが三ヶ月連続で「ひそりと、あなたにあう日」という朗読会の企画を行うというので、そのひとつめ、絵(楠堂葵さん)と詩(平野雄一さん)の朗読を観聴きしに行って来た。

 会場は、今出川浄福寺近くの西陣ファクトリーGardenだったが、町工場か何かを改造したスペースの中に足を踏み入れただけで、ふっと独特な感覚にとらわれる。
 そして、先日マリア書房のギャラリーで観たばかりの楠堂さんの作品から、また違った感じの美しさが引き出されているようにも感じられた。

 で、高校時代の二年間、放送部員として朗読漬けの日々を送った人間であるため、朗読となるとどうしても技術的な細かい部分が気になって仕方がないのだけれど、そこは名うてで手だれの豊島さん。
 ライヴ特有のちょっとした傷はあったものの、個人的には豊島さんの澄んで美しい声と、キャラクターの幅の広さを愉しむことができた。
 平野さんの詩も、淡々とした言葉の中に時折とびきりの機智がひそんでいて、思わずはっとさせられたりもした。
 中でも、豊島さんと平野さん(出演。朗読もする)によるとても自然な掛け合いは、今回の公演の「聴きもの」だったように僕は思う。

 また、楠堂さんと平野さんの詩もうまくマッチしていたのではないだろうか。

 いずれにしても、「ひそりと、あなたにあう日」というタイトルにぴったりの、柔らかい時間を過ごすことのできた朗読会だった。
 できれば、残る二つの会にも足を運びたい。
posted by figarok492na at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年8月のエンタメ情報

 さあ、2010年も今日から8月!
 暑さも暑し暑苦し…。
 なんて弱音を吐いてちゃ、だめ! だめ! だめ!
 と、言うことで、毎月一日恒例のエンタメ情報行ってみよう!!


 で、まずは、お芝居演劇の類いから。
 8月は夏休みのシーズンということもあってかストレートプレイの公演に目ぼしいものはなさそうだけれど(あったらごめんなさい)、その分、朗読会をはじめ、ユニークな企画がけっこう行われる予定である。

 そのうち、すでに予約ずみなのが、今日開催の豊島由香さんの朗読コラボレーション『ひそりと、あなたにあう日』(西陣ファクトリーGarden)。
 三回連続の企画のうち、第一回目の今回は、楠堂葵さんの絵と平野雄一さんの詩とのコラボで、豊島さんの朗読はもちろん、楠堂さんの絵と平野さんの詩の共同作業も大いに愉しみだ。

 また、8日の東山フェスタ『五丁目寄席』(東山青少年活動センター創造活動室)は、エディ・B・アッチャマンさん、二口大学さん、水沼健さん、藤原大介さん、岡嶋秀昭さんといった京都で活躍する役者陣によるおなじみ落語会で、これもなんとかぜひ。

 ほかに、パノラマ☆アワーの面々とヴァイオリンの柴田奈穂さんとのコラボレーションによる朗読劇『銀河鉄道の夜』(12日〜14日、宮沢賢治作、右来左往さん演出・構成/P−actステージ)や、宮部純子さんの一人パフォーマンス『あさおきてよるねむるまで』(21日、22日、宮部純子さん構成・出演、鈴木正悟さん監修、壱坪シアタースワン)も、非常に気になる公演である。


 続いて、コンサート。

 ここでは、我らが街のオーケストラ、京都市交響楽団の二つの演奏会を挙げておきたい。
 まずは、6日の第538回定期演奏会(京都コンサートホール大ホール)で、スペイン出身の指揮者ファンホ・メナがお国もの(やお国に深く関係した作品)をとり上げるという趣向。
 エリック・シューマンをソロに迎えるラロのスペイン交響曲ともども、カラフルでパワフルな演奏になるのではないか。

 もう一つは、29日のオーケストラ・ディスカバリー(同)。
 広上淳一さんと京響の面々がラヴェルのボレロに挑むってことだけで、「聴き」だと思う。

 早くチケットを購入しておかなければ!


 最後は映画だけれど、まあこれは時間と財布の中身に余裕があったらということで。


 いずれにしても、いいものを観、いいものを聴いて、暑い夏を乗り切っていきたいものですね!
posted by figarok492na at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月のエンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする