2010年04月10日

帰省の準備を進めた一日(CLACLA日記)

 月曜から帰省するため、それまでにすませておかなければならないことをいろいろと片づけていった一日。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたりしたのち、3時28分に消灯する。
 ただし、夕方外出時にコーヒーを飲んでしまったせいか、5時近くと8時過ぎ、二度目が醒める。

 9時45分に起きて、すぐさま毎週恒例の洗濯を始める。
 どんよりとした感じは強かったが、今日中にすませておきたかったので決行することにしたのだ。

 洗濯が終わってから、音楽関係の電話を一本かける。

 10時56分に外出し、近くの金券ショップ・トーカイ四条大宮店、グルメシティ、フレスコで買い物をすませて、11時32分に帰宅した。
 ちなみに、トーカイで購入したのは、帰省用の新幹線の切符にはあらず。

 帰宅後、朝昼兼用の食事をちゃちゃっとすませる。

 ソプラノのバーバラ・ボニーとリカルド・シャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したマーラーの交響曲第4番他<DECCA>を聴きながら、吉田秀和の『改めて、また満たされる喜び 新・音楽展望 1994−1996』<朝日新聞社>を読み進め、読了する。

 続けて、バーバラ・ボニーが独唱したリヒャルト・シュトラウスの歌曲集<同>を聴きながら、坪内祐三の『古くさいぞ私は』<晶文社>を読み進めたり、『山中貞雄餘話』の下書きとノート書き、PCへの打ち込みを進める。

 17時2分に外出し、グルメシティで夕飯用の買い物をすませて、17時34分に帰宅した。

 夕飯後、山田一雄指揮新日本フィルが演奏したモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」<Fontec>を聴きながら、『古くさいぞ私は』を読み進める。

 『山中貞雄餘話』の下書きとノート書き、PCへの打ち込みを進める。

 今日は、甘いものは食さず。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする