2022年10月02日

10月に入ってもまだ暑い(CLACLA日記)

 晴天が続く。
 少しどんよりとした感じはあるも。

 今日も暑さを覚える。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 メンテナンスのおかげで、身体は楽だ。


 元滋賀県知事、元衆議院議員で、内閣官房長官、大蔵大臣、新党さきがけ代表を歴任した武村正義が亡くなった。88歳。
 深く、深く黙禱。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時少し前に寝床に就く。


 10時に起きる。

 午前中から正午過ぎにかけて、YouTubeでラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮デンマーク国立交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」と第4番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 小林信彦の『日本橋に生まれて』<文藝春秋>を読了する。
 文章のあちこちに連載終了もやむなしかと思ってしまった。
 とても残念なことだけれど。

 続けて、坪内祐三の『新旧銀座八丁 東と西』<講談社>を読み始める。


 12時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 行きがけ、ばったりあり。


 帰宅後、YouTubeでクララ・ハスキルとヘンリー・スヴォボダ指揮ヴィンタートゥール交響楽団が演奏したベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番と第19番、ヴァイオリンのアルテュール・グリュミオーとハスキルが演奏したモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ第18番、第21番、第24番、第26番、第32番、第35番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を行ったり、『新旧銀座八丁 東と西』を読み進めたりする。


 夕方になって再び外出し、少し散歩をする。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『銭形平次』第45話の拾い観をする。
 野球中継延長のため、小林大作のかったるい番組をやっていたのですぐにラジオは消す。
 『サニー・フランシスのマサララジオ』を聴きそびれた。
(追記:入浴前後に少しだけ聴く。好みは人それぞれだけど、やっぱり小林大作の番組はかったるい。日曜の夕方には)


 夕飯後、YouTubeで朝比奈隆指揮大阪フィルが演奏したスメタナの交響詩『モルダウ』とドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」、シューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」、ダニエル・ライスキン指揮ライン州立フィルが演奏したブラームスのクラリネット・ソナタ第1番(ベリオ編曲/カール=ハインツ・シュテフェンスの独奏)とピアノ4重奏曲第1番(シェーンベルク編曲)、シャルル・ミュンシュ指揮ロンドン・フィルが演奏したフォーレの劇音楽『ペレアスとメリザンド』組曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『新旧銀座八丁 東と西』を読み進めたりする。


 今日も、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 10月に入ってもまだ暑いな。


 明日がいい日でありますように!
 そして、今月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月01日

今日から10月 アントニオ猪木に三遊亭圓楽が亡くなった(CLACLA日記)

 今日から10月。
 今年も残すところ3か月を切った。
 一日一日を本当に大切にして、自分の為したいこと為すべきことを為していかなければ。
 そして、死を絶対に忘れないこと。


 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 今日も気温が上がり、暑さを覚える。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 メンテナンスのおかげで、身体はだいぶん楽になった。


 プロレスラーで元参議院議員のアントニオ猪木が亡くなった。79歳。
 深く、深く、深く、深く黙禱。

 落語家の六代目三遊亭圓楽も亡くなった。72歳。
 深く、深く、深く、深く黙禱。

 猪木さんや圓楽さん(というより、どうしても楽太郎さんと呼びたくなる)の国葬ならちっとも反対する気になれないんだけどね。
 まあ、国葬なんてお二人とも嫌がるかな。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeでハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィルが演奏したワーグナーの楽劇『神々の黄昏』から夜明けとジークフリートのラインへの旅、ジークフリートの葬送行進曲、ブルックナーの交響曲第5番、アンサンブル・トリスが演奏したラーボアのクラリネット3重奏曲第1番、チェロのゲルハルト・ヴァイツとピアノのホルガー・ブッシュが演奏したラーボアのチェロと左手ピアノのためのソナタ第2番を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時20分に寝床に就く。


 9時台に起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。

 途中、下京図書館へ行き、借りていた本を返し、予約しておいた小林信彦の『日本橋に生まれて』<文藝春秋>と坪内祐三の『新旧銀座八丁 東と西』<講談社>を新たに借りる。


 午前中から午後にかけて、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』、YouTubeでヴァイオリンのイザベル・ファウストとベルリン古楽アカデミーが演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのヴァイオリン協奏曲ニ短調BWV.1052R、ヴァイオリン協奏曲第1番と第2番、シンフォニアニ長調BWV.1045、オーボエ、ヴァイオリン、弦と通奏低音のための協奏曲ハ短調、ヴァイオリン協奏曲ト短調BWV.1056R、2つのヴァイオリンのための協奏曲(ベルンハルト・フォルクの独奏)を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、10月の創作について考えたのち作品の加筆作業を行ったり、『日本橋に生まれて』を読み始めたりする。

 眠気に勝てず少しうとうととする。

 その後、YouTubeで原田慶太楼指揮NHK交響楽団が演奏したウォーカーの弦楽のための叙情詩、ピアソラのタンガーソ、マルケスのダンソン第2番、ミルガ・グラジニーテ=ティーラ指揮バーミンガム・シティ交響楽団が演奏したエルガーのため息、ウォルトンの歌劇『トロイラスとクレシダ』組曲、ロバート・トレヴィーノ指揮バスク国立管弦楽団が演奏したラヴェルの道化師の朝の歌、海原の小舟、亡き王女のためのパヴァーヌ、ラ・ヴァルス、ボレロ、ツヴィ・ハレルと渡邉暁雄指揮旧日本フィルが演奏したカバレフスキーのチェロ協奏曲第1番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『日本橋に生まれて』を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、仕事関係の用件を片付ける。

 その後、身体のメンテナンスをすませる。
 じっくりメンテナンスをしてもらい、だいぶん楽になる。
 ああ、すっきりした!!!

 で、京都大学のカフェテリアルネで夕飯をとり、買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、NHK・FMの『クラシックの迷宮』、YouTubeでラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮デンマーク国立交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第1番と第2番、ヴァイオリンのアルテュール・グリュミオーとピアノのクララ・ハスキルが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第6番、第7番、第8番、セミョン・ビシュコフ指揮ケルンWDR交響楽団他が演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ドン・キホーテ』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『日本橋に生まれて』を読み進めたりする。
 『クラシックの迷宮』は途中からで、今年亡くなった作曲家の渡辺宙明の特集が組まれていた。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢!!


 明日がいい日でありますように!
 そして、今月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月30日

9月が終わる(CLACLA日記)

 今日で9月が終わる。
 一日一日を本当に大切にしていかなければ。
 そして、死を絶対に忘れないこと。


 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温が上がり、少し暑さを感じる。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 身体がだるい。
 気候の変化がこたえる。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンやマヂカルラブリーのオールナイトニッポンゼロを聴いたりしながら作業を進めたのち、4時過ぎに寝床に就く。


 10時に起きて外出し、買い物をすませて帰宅した。

 帰宅後、ABCラジオの『きっちり!まったり!桂吉弥です』、YouTubeでヴァイオリンのアルテュール・グリュミオーとピアノのクララ・ハスキルが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第4番と第5番「春」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 坪内祐三の『玉電松原物語』<新潮社>を読了する。
 坪内さんの死によって未完となってしまった作品。
 末尾に収められた吉田篤弘の文章でも引用されているが、坪内さんが最後に書いた一文が強く印象に残る。
 ああ、面白かった!!
 とともに、続きが読めないことがとても残念でならない。


 正午過ぎ、ABCラジオの『兵動大樹のほわ〜っとエエ感じ。』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 途中、眠気に勝てず少しうとうととした。


 14時台に再び外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したマーラーの交響曲第1番「巨人」、イヴォンヌ・ロリオが弾いたモーツァルトの幻想曲ハ短調K. 396、前奏曲とフーガ、幻想曲ニ短調 K. 397、ドイツ管楽ゾリステンが演奏したベートーヴェンの8重奏曲とフンメルのパルティータ変ホ長調を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を行ったりする。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『影の軍団U』第18話の拾い観をする。
 織田あきらがメインのゲスト。
 他に、栗田洋子(栗田よう子)、垂水悟郎らの出演。


 夕飯後、YouTubeでリカルド・シャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団他が演奏したベリオのフォークソング(ヤルド・ヴァン・ネスのメゾソプラノ独唱)とシンフォニア、笙の宮田まゆみと佐渡裕指揮トーンキュンストラー管弦楽団が演奏した武満徹のセレモニアル、ハスキルとルドルフ・バウムガルトナー指揮ルツェルン祝祭弦楽合奏団が演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第13番、シャーンドル・ヴェーグ指揮カメラータ・アカデミカ・モーツァルテウム・ザルツブルクが演奏したモーツァルトのセレナード第3番、行進曲ニ長調K.189、セレナード第8番「ノットゥルノ」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、9月の創作について振り返ったりする。

 途中、運動不足解消のため、少しだけだが散歩に出かけた。
 膝に気をつけながら。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢!!


 明日がいい日でありますように!
 そして、来月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月29日

これで53歳(CLACLA日記)

 晴天かと思ったら、どんよりとした感じが強くなる。
 ただし、雨は降らなかったのでほっとした。

 気温も下がる。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 いろいろと疲れがたまっているなあ。


 元プロ野球西鉄ライオンズの投手、池永正明が亡くなった。76歳。
 西鉄を代表する投手だったが、1969年に野球賭博(八百長)がらみのいわゆる黒い霧事件で球界を追放され、2005年になってようやく処分が解かれた。
 深く、深く、深く黙禱。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分頃寝床に就く。


 7時少し前に起きて、YouTubeでヴァレリー・クレショフが弾いたピアノ編曲集『オマージュ・ホロヴィッツ』を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時18分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、終了後西院へ。
 京新ビルで玉田玉山講談勉強会を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!!

 終了後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 夕飯後、YouTubeでクララ・ハスキルとカルロ・ゼッキ指揮ロンドン・フィルが演奏したベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、ハスキルが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」と第18番(1960年録音)、ヴァイオリンのアルテュール・グリュミオーとハスキルが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第3番、内田光子が弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第14番と第17番、シャーンドル・ヴェーグ指揮カメラータ・アカデミカ・モーツァルテウム・ザルツブルクが演奏したモーツァルトのセレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」と第6番「セレナータ・ノットゥルナ」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、坪内祐三の『玉電松原物語』<新潮社>を読み進めたりする。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 仕事先のお昼休み、同僚の前で弁当のお箸を指揮棒に見立てて指揮の真似をして踊り狂っていたら膝を少し捻って傷めてしまった。
 これで53歳。
 救いようのない馬鹿である。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉田玉山講談勉強会

☆玉田玉山講談勉強会

(2022年9月29日19時開演/京都西院・京新ビル3F)


 かつて大好きな京都小劇場の演者の一人に、丸山交通公園がいた。
 自ら率いる友達図鑑や劇団員だった月面クロワッサンもそうだが、彼の本領発揮といえばやっぱり丸山交通公園ワンマンショーだろう。
 本当に足繁く通ったものだ。
 だけど、彼が四代目玉田玉秀斎に入門し、講談師玉田玉山となってからは、コロナだのなんだのあってなかなか接する機会を得ず、先日の第30次笑の内閣『なんであんたはんは市会議員になれへんのか』でようやく久しぶりの「再会」を果たした。
 その丸山交通公園改め玉田玉山が、京都西院で初の講談勉強会を開くというので迷わず足を運んだ。
 会場は、前はウエストコートといったんじゃなかったっけ、今はアイハートというスーパーが1階に入る京新ビルの3階奥の部屋。
 ワンマンショーの会場を少し広くしてよりディープにした、という説明じゃわかりにくいかな、小ぶりな学習塾の教室といった趣の部屋だった。

 で、初の勉強会となる今夜は古典と彼自身のエピソードを講談に仕立てた玉田玉山物語が読まれていた。
 古典のほうは、『般若寺の焼き討ち』。
 大坂の陣の折、奈良の般若寺に滞在中の徳川家康が、真田幸村の謀略によって寺を爆破され、命からがら逃げのびるといった内容。
 武将と武将、武士と武士の激突を流れよくメリハリをつけて読むいわゆる修羅場では、玉田玉山のこの間の研鑽がよく表れていた。
 一方、台詞の部分では彼の演者としての経験(に古い邦画好きも加えていいか)も巧く活かされていたように思う。
 そして、この『般若寺の焼き討ち』の前後は、なんと140を数えるという玉田玉山物語の中から家族のエピソード、それから修業中のエピソードが読まれた。
 こうした自分語りはワンマンショー時代も得意中の得意だったけれど、「我流では限界がある、後ろ盾となるものが必要」という自覚の中で選んだ講談の藝が大きな力となってより構成が堅固になり、要所急所のツボも明確に押さえられるようになっていた。
 とともに、講談の独特の語り口も笑いに厚みを加えていたのではないか。
 いずれにしても、今後の玉田玉山の研鑽と活躍を心から願うに相応しい足を運んで大正解の勉強会だった。
 ああ、面白かった!!!
posted by figarok492na at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語・ネオ落語記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月28日

朝から病院に行った(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、一応晴天。

 気温は下がり、だいぶん過ごしやすし。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 身体、重たし。


 ノンフィクション作家の佐野眞一が亡くなった。75歳。
 深く、深く、深く黙禱。


 お涙頂戴の茶番劇が行われたことにうんざりするとともに、そんな見え見えの出し物にころりと騙される人間が少なくないだろうということにもうんざりとする。

 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、24時半過ぎに寝床に就く。


 7時半過ぎに起きて準備をすませ、8時過ぎに外出しかかりつけの病院へ。
 検査の結果を待って診察を受け、四条通のスギ薬局を薬を受け取り帰宅した。
 検査の結果はまあまあだけど、肝臓に気にかかる数値がある。
 運動不足のつけなのではないか。
 気をつけなければ。
 あと、調剤を待つ間、近くのライフ四条大宮店で買い物をする。
 非常に混んでいた。


 病院の待ち時間、坪内祐三の『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』<幻戯書房>を読了する。
 ああ、面白かった!!


 帰宅後、YouTubeでクララ・ハスキルとベルンハルト・バウムガルトナー指揮ウィーン交響楽団が演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第20番とロンドイ長調を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、坪内祐三の『玉電松原物語』<新潮社>を読み始めたりする。


 正午過ぎ、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 14時少し前に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでケヴィン・マロン指揮トロント室内管弦楽団他が演奏したハイドンの交響曲第18番〜第21番、イェネ・ヤンドーが弾いたハイドンの10の小品と24のメヌエットを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を行ったり、『玉電松原物語』を読み進めたりする。
 途中外出し、少し散歩をした。
 運動不足解消のためなり。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』第124話「あだ花無情」、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『大奥』第44話の拾い観をする。
 『破れ傘刀舟悪人狩り』は、またも波乃久里子が非業の死を遂げた。
 ほかに、森下哲夫らがゲスト出演。
 一方、『大奥』は池田満寿夫の監督作品。
 萬田久子と江藤潤の二人に伍して、池田夫人の佐藤陽子が重要な役柄で出演。
 おまけにヴァイオリンも弾いていた。
 さらに、池田満寿夫自身、小田島雄志(存命)、粟津則雄(存命!)も出演していた。
 特に、粟津則雄が堂に入った演技をしていたのに驚いた。


 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『玉電松原物語』を読み進めたりする。
 『角田龍平の蛤御門のヘン』は、剃刀負け弁護士軍団の長谷川さんがゲスト。

 入浴後、YouTubeでベルナルト・ハイティンク指揮シカゴ交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第1番「巨人」、ヴァイオリンのライナー・クスマウル他が演奏したブラームスの弦楽5重奏曲第2番と第1番を聴く。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢!!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月27日

どうにも愚かしい(CLACLA日記)

 晴天からどんよりとしたお天気へ。
 雨も降る。

 じめじめとして快ならず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!


 安倍晋三元総理の国葬儀が強行された。
 世論調査で過半数の人々が反対する中でである。
 本当に愚かしい話だ。
 安倍さんを悼みたいのであれば、そうしたい人間が集ってそうすればよいことである。
 それこそ参加権を与えるクラウドファンディングでもすれば、参列に反対を表明する人間など呼ぶこともなかったろうに。
 しかも、国会での議論もなくまともな説明もないままだ。
 何が民主主義を護るだろう。
 どうにも馬鹿らしい。

 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分頃寝床に就く。


 7時少し前に起きて、YouTubeでヨーゼフ・クリップス指揮ウィーン・フィルが演奏したシュトラウス・ファミリーの作品集(ヨーゼフ・シュトラウスのワルツ『オーストリアの村つばめ』とヨハン・シュトラウスU世のワルツ『春の声』は、ヒルデ・ギューデンのソプラノ独唱)を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時17分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 途中、もともとグルメシティがあったところにできたライフ四条大宮店を覗いたが、四条烏丸店と品ぞろえに違いがなかったこともあり、結局パスする。
 棚の置き方なんかもあって、実際よりもなお狭く感じたりもした。


 夕飯後、YouTubeでセミョン・ビシュコフ指揮ケルンWDR交響楽団が演奏したベルリオーズの幻想交響曲、ジャン・フルネ指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したムソルグスキーの交響詩『はげ山の一夜』、シャブリエの狂詩曲『スペイン』、ボロディンの交響詩『中央アジアの草原にて』、グリーグの劇音楽『ペール・ギュント』組曲第1番&第2番(アネッテ・デ・ラ・バイエのソプラノ独唱)、デュカスの交響詩『魔法使いの弟子』、ドビュッシーの牧神の午後への前奏曲、ヨーゼフ・クリップス指揮ロンドン交響楽団が演奏したヨハン・シュトラウスT世のポルカ『ピーフケとプフケ』とワルツ『酒、女、歌』、クリップス指揮ロンドン新交響楽団が演奏したアンネン・ポルカ、ヴァイオリンのアルテュール・グリュミオーとピアノのクララ・ハスキルが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第2番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業について考えたり、坪内祐三の『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』<幻戯書房>を読み進めたりする。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月26日

反対!(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温は上昇し、暑さを感じる。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 脱水症状気味ではなかろうか…。


 やるべきことをやらずに、国葬儀まずありきとは。
 愚の骨頂。

 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分頃寝床に就く。


 7時過ぎに起きて、YouTubeでフランツ・コンヴィチュニー指揮チェコ・フィルが演奏したワーグナーの歌劇『さまよえるオランダ人』序曲、歌劇『タンホイザー』序曲、楽劇『トリスタンとイゾルデ』第1幕への前奏曲、楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時16分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 週明け、案件が多かった。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』の第122話「凧と十手とにごり酒」、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『遠山の金さん』第44話の拾い観をする。
 『破れ傘刀舟悪人狩り』はまたも大友柳太朗がゲストで、今回も壮烈な死を遂げる。
 憎々し気な悪党は大好きな田中明夫、ほかに睦五朗も出演。
 一方、『遠山の金さん』は下條アトムがメインのゲスト。


 夕飯後、YouTubeでクララ・ハスキルとパウル・ザッハー指揮ウィーン交響楽団が演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第9番「ジュノム」と第23番、ベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第7番、ハスキルが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」と第18番(1955年録音)、ヴァイオリンのアルテュール・グリュミオーとハスキルが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第1番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、坪内祐三の『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』<幻戯書房>を読み進めたりする。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 しつこいけれど、安倍晋三の国葬儀は反対!
 とっとと中止してしまえ!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

蛍光灯を買った(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温は上昇して外出時は汗ばむも、過ごしにくくはない。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気候の変化に身体がついていっていない。


 作曲家の野田暉行が亡くなった。82歳。
 深く、深く黙禱。

 舞台美術家の高田一郎も亡くなった。93歳。
 深く、深く黙禱。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時少し前に寝床に就く。


 9時過ぎに起きる。

 午前中、YouTubeでチェンバロのボブ・ファン・アスペレンが弾いたドメニコ・スカルラッティのソナタ集(16曲)を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、坪内祐三の『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』<幻戯書房>を読み進めたりする。


 正午過ぎ、仕事関係の予定をすませる。


 12時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでチョン・ミュンフン指揮パリ・バスティーユ管弦楽団他が演奏したメシアンのトゥーランガリラ交響曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』を読み進めたりする。


 蛍光灯がちかちかし始めたので15時40分過ぎに再び外出し、ヨドバシカメラマルチメディア京都へ。
 ささっと蛍光灯を購入し、帰宅する。
 ついでにシェーバーについて確認するが、外刃内刃のセットを買い替えるより新しいものを買ったほうが安かった。
 どう考えてもおかしな話である。


 帰宅後、YouTubeでヴァイオリンのオーギュスタン・デュメイとピアノのマリア・ジョアン・ピリスが演奏したモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ第18番、第21番、第26番、第27番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を行ったりする。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『サニー・フランシスのマサララジオ』を聴く。
 久しぶりのマサララジオ。
 ああ、面白かった!!


 夕飯後、YouTubeでゲオルク・ショルティ指揮シカゴ交響楽団が演奏したリストのメフィスト・ワルツ第1番とハンガリー狂詩曲第2番、バルトークの5つのハンガリーの風景、ヴェイネルの歌劇『チョンゴルと悪魔』から序奏とスケルツォ、バルトークのルーマニア民俗舞曲、コダーイの歌劇『ハーリ・ヤーノシュ』組曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』を読み進めたりする。

 入浴後、YouTubeでシャーンドル・ヴェーグ指揮カメラータ・アカデミカ・モーツァルテウム・ザルツブルクが演奏したモーツァルトのカッサシオン第1番と第2番、アダージョとフーガ、スヴャトスラフ・リヒテルが弾いたハイドンのピアノ・ソナタ第44番、第40番、第41番、第48番、第42番、チョン・チヨン指揮韓国交響楽団が演奏したチェ・ソンファンのアリラン幻想曲を聴く。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢!!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月24日

『大岡越前のお年寄りの交通安全』にほろりときた(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはあるも、晴天の一日。

 気温、少し上がったか。
 夕方以降は涼しくなる。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 今週は疲れた!!!


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都で霜降り明星のオールナイトニッポンや三四郎のオールナイトニッポンゼロを聴いたりしながら作品の加筆作業を進めたのち、3時40分過ぎに寝床に就く。


 9時過ぎに起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。
 途中、下京図書館へ。
 借りていた本を返却し、予約しておいた坪内祐三の『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』<幻戯書房>と『玉電松原物語』<新潮社>を新たに借りる。

 その後、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』、YouTubeでラモン・ガンバ指揮アイスランド交響楽団が演奏したダンディのフランスの山人の歌による交響曲(ルイ・ロルティのピアノ独奏)、歌劇『フェルヴォル』第1幕への前奏曲、管弦楽組曲『メデー』、準・メルクル指揮リヨン国立管弦楽団が演奏したドビュッシーの子供の領分(カプレ編曲)とバレエ音楽『遊戯』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』を読み始めたりする。


 14時半過ぎに外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、SWRでヨーン・ストルゴーズ指揮SWR交響楽団が演奏したブルックナーの交響曲第5番、YouTubeでカレル・アンチェル指揮チェコ・フィルが演奏したカベラーチの時の神秘とハムレット即興曲、プロコフィエフの交響的物語『ピーターと狼』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』を読み進めたりする。

 途中息抜きに、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『影の軍団U』第17話、『銭形平次』第44話、『大岡越前のお年寄りの交通安全』の拾い観をする。
 『大岡越前のお年寄りの交通安全』はその名の通り交通安全を促すためにつくられた小品だが、加藤剛や高橋元太郎、谷貫一らが本寸法の演技を行っており、おまけに人情味あふれたこれぞ大岡越前といった筋運びにもなっていて、思わずほろりときた。
 水戸黄門より大岡越前のほうが好きだったんだよなあ。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『クラシックの迷宮』を聴く。
 NHKのアーカイブスからの週で、今回は岩城宏之の生誕90年を記念した2回目。
 NHK交響楽団を指揮した三善晃の交響的変容、現代音楽祭室内合奏団を指揮した佐藤慶次郎の弦楽器のためのカリグラフィ第2番、東京混声合唱団を指揮した湯浅譲二の『問い』、NHK交響楽団を指揮した尾高尚忠のチェロ協奏曲(藤原真理の独奏)が放送されていた。


 夕飯後、YouTubeでシュトゥットガルト・ピアノ・トリオが演奏したブラームスのピアノ3重奏曲第1番、フォルクマンのピアノ3重奏曲第1番、プフィッツナーのピアノ3重奏曲、シュポアのピアノ3重奏曲第2番、ヴィルヘルム・ケンプが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第3番、幻想曲ニ短調K.397、ピアノ・ソナタ第18番、グルックの歌劇『メッカの巡礼』から「我ら愚民の思うは」の主題による変奏曲、シャーンドル・ヴェーグ指揮カメラータ・アカデミカ・モーツァルテウム・ザルツブルクが演奏したモーツァルトのディヴェルティメントK.136を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』を読み進めたりする。


 今日は、リスカのチョコモナカを食す。
 いわゆる駄菓子の類いだけれど、これがけっこういける。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月23日

秋分の日(CLACLA日記)

 秋分の日。


 台風15号の影響で、どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降る。

 気温は上がらないが、じめじめとして快ならず。
 ちょっとの時間だけれど、湿気とりにエアコンを入れる。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 疲れも加わって、重たい重たい。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 10時に起きる。

 午前中、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』、YouTubeでアンタル・ドラティ指揮フェスティヴァル室内管弦楽団が演奏したハイドンの交響曲第59番「火事」と第81番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、桐野夏生の『インドラネット』<角川書店>を読み進めたりする。


 正午過ぎ、ABCラジオの『兵動大樹のほわ〜っとエエ感じ。』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 15時少し前に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでマリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したチャイコフスキーの幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』と交響曲第5番、アンドレ・クリュイタンス指揮フランス国立放送管弦楽団他が演奏したベルリオーズ編曲によるラ・マルセイエーズ、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番(エミール・ギレリスの独奏)、フランクの交響曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたりする。


 『インドラネット』を読了する。
 面白くてついつい読み進める。
 ただ、ちょっと急いているというか、筋を通すための無理があるような気がする部分もあった。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』第121話「唐絹は死の匂い」の拾い観をする。
 メインのゲストは太田博之。
 調べてみたら、あの小銭ずしが一店舗だけ残っているみたい。
 悪役は川合伸旺、草薙幸二郎、田島義文。


 夕飯後、YouTubeでチャールズ・マッケラス指揮スコットランド室内管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第38番「プラハ」、第39番、第40番、第41番「ジュピター」、ケネス・シャーマーホーン指揮ナッシュヴィル交響楽団が演奏したエリオット・カーターのピアノ協奏曲(マーク・ウェイツの独奏)と交響曲第1番、ランス・フリーデル指揮スロヴァキア放送交響楽団が演奏したフェルステルの祝典序曲、わが青春、交響曲第4番「復活祭」、エマニュエル・アックスとアラン・ギルバート指揮ニューヨーク・フィルが演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第25番、秋山和慶指揮中部フィルが演奏したブラームスのハイドンの主題による変奏曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日は、少しだけ甘いものを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月22日

疲れると頭が働かなくなりますね(CLACLA日記)

 一応、青空が続く。
 どんよりとした感じも強く、小雨も降ったりしたが。

 気温は少し上がったか。
 朝と夕方は半袖のTシャツだとちょっと肌寒いほどだったけれど。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 疲れ切る。


 立憲民主党が維新と共闘するとのこと。
 泉健太は全く信用も信頼もできない人物だと思っていたが、いくらなんでもひどすぎる。
 立憲民主党は早く解党したほうがよいのではないか。

 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分頃寝床に就く。


 7時過ぎに起きて、YouTubeでゲオルク・ショルティ指揮コヴェントガーデン・ロイヤル・オペラ管弦楽団が演奏したヴェルディの歌劇『椿姫』の第1幕への前奏曲と第3幕への前奏曲、オッフェンバックの歌劇『ホフマン物語』からホフマンの舟歌、ポンキエッリの歌劇『ジョコンダ』から時の踊り、ロッシーニの歌劇『セミラーミデ』序曲と歌劇『アルジェのイタリア女』序曲を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時18分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 今日もまた案件が多かった。


 帰宅後、YouTubeでショルティ指揮コヴェントガーデン・ロイヤル・オペラ管弦楽団が演奏したグルックの歌劇『オルフェオとエウリディーチェ』からバッロと精霊の踊りを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』の第120話「秘薬の謎をあばけ」の拾い観をする。
 今回は、佐原健二、西沢利明、高城淳一、田中浩、倉丘伸太郎らがゲスト。


 夕飯後、YouTubeで広上淳一指揮ストックホルム・シンフォニック・ウィンドオーケストラが演奏したシェーンベルクの主題と変奏、グロンダールのトロンボーン協奏曲(ホーカン・ビョルクマンの独奏)、マロスのオーロラ、黛敏郎のリチューアル・オーバーチュア、メンデルスゾーンの吹奏楽のための序曲、サッリネンのコラーリ、クララ・ハスキルとフェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリンRIAS交響楽団が演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第20番、ハスキルとフリッチャイ指揮バイエルン州立管弦楽団が演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第27番、トリオ・オリゴが演奏したベートーヴェンのピアノ3重奏曲第4番「街の歌」とピアノ3重奏曲第8番(クラリネット3重奏曲・7重奏曲の編曲版)、アダム・ゴルカが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第5番〜第8番「悲愴」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、桐野夏生の『インドラネット』<河出書房新社>を読み進めたりする。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 疲れると頭が働かなくなりますね。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月21日

やっぱり一気に秋?(CLACLA日記)

 青空の見えた一日。

 気温は今日も上昇せず。
 風が吹く分、涼しさを強く感じた。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 疲弊気味。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分頃寝床に就く。


 7時過ぎに起きて、YouTubeでエフゲニー・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団が演奏したムソルグスキーの交響詩『はげ山の一夜』とモスクワ河の夜明け、ボロディンのだったん人の踊りと交響詩『中央アジアの草原にて』、ハチャトゥリアンの剣の舞、グリンカの歌劇『ルスランとリュドミラ』序曲を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時18分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 今日も案件が多かった。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』の第119話「初春の虹をこえて」、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『大奥』第43話の拾い観をする。
 『破れ傘刀舟悪人狩り』のメインのゲストは川津祐介と磯野洋子。
 ほかに、東映屈指の悪役の一人である天津敏らが出演していた。
 一方、『大奥』は浅茅陽子がヒロイン。
 ほかに、徳川家斉を丹波哲郎、水野忠成を根上淳、憎まれ役を京唄子が演じていた。


 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、桐野夏生の『インドラネット』<河出書房新社>を読み進めたりする。
 『角田龍平の蛤御門のヘン』は、花房観音さんがゲスト。

 入浴後、YouTubeでハンナ・チャン指揮トロンヘイム交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第5番、クララ・ハスキルとフェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン・フィルが演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第19番、アンタル・ドラティ指揮フェスティヴァル室内管弦楽団が演奏したモーツァルトの歌劇『ルーチョ・シッラ』序曲、ポール・パレー指揮デトロイト交響楽団が演奏したラヴェルのボレロ(1953年録音)を聴く。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 やっぱり一気に秋?


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月20日

四連休明けは忙しかった(CLACLA日記)

 四連休明け。


 台風一過とはいかず、青空は見えつつもどんよりとした感じが強し。

 急に気温が下がり、半袖のTシャツ1枚では肌寒さを感じたほど。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 どうも身体が重たい。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分頃寝床に就く。


 7時過ぎに起きて、YouTubeでポール・パレー指揮デトロイト交響楽団が演奏したワーグナーの歌劇『タンホイザー』序曲、歌劇『ローエングリン』の第1幕への前奏曲と第3幕への前奏曲、楽劇『ワルキューレ』からワルキューレの騎行、楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時18分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 連休明けということで、案件が多し。
 疲れた!
 それもあって30分早く上がる。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』の第118話「天女のような女」の拾い観をする。
 メインのゲストは沢田雅美。
 ほかに、重要な役どころで小野進也。
 悪役で森山周一郎、早川雄三、宮口二郎、あと小島三児も出演していた。


 夕飯後、YouTubeでパレー指揮デトロイト交響楽団が演奏したシューマンの交響曲第2番、ワーグナーの歌劇『さまよえるオランダ人』序曲、楽劇『ジークフリート』から森のささやき、舞台神聖祝典劇『パルジファル』から聖金曜日の音楽、楽劇『トリスタンとイゾルデ』から第1幕への前奏曲と愛の死を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、桐野夏生の『インドラネット』<河出書房新社>を読み進めたりする。

 入浴後、YouTubeでオーレ・クリスチャン・ルード指揮ノールショピング交響楽団が演奏したニーノ・ロータの交響曲第1番、第2番、第3番、クララ・ハスキルが弾いたラヴェルのソナチネとシューマンの森の情景(1947年録音)、ベルナルト・ハイティンク指揮ロンドン・フィルが演奏したリストの交響詩『祭典の響き』を聴く。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 まさか一気に秋?


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月19日

敬老の日 台風14号が接近している(CLACLA日記)

 敬老の日。
 四連休の最終日。


 台風14号の接近で、どんよりとしたお天気が続く。
 雨も降る。

 むしむしじめじめとして快ならず。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 何もかも重たい。


 落語家の三遊亭圓窓が亡くなった。81歳。
 深く黙禱。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、MBSラジオの『北野誠の茶屋町怪談2022夏』を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 9時台に起きる。

 午前中、YouTubeでポール・パレー指揮デトロイト交響楽団が演奏したフランクの交響曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、桐野夏生の『インドラネット』<角川書店>を読み始めたりする。


 11時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 早めに出ておいたほうが得策と考え。
 皆さん、同じ考えのようだった。


 正午過ぎ、ABCラジオの『上沼恵美子のこころ晴天』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 その後、YouTubeでパーヴォ・ヤルヴィ指揮ベルゲン・フィルが演奏したペルトのカントゥス―ベンジャミン・ブリテンの思い出にとブリテンの青少年のための管弦楽入門、ハンス・ペーター・フランク指揮ヘルシンボリ交響楽団が演奏したミヒャエル・ハイドンの交響曲第39番、第34番、第27番、ニ長調P.21、ジェイムズ・デプリースト指揮マルメ交響楽団が演奏したプロコフィエフの交響曲第4番(改訂版)と交響組曲『キージェ中尉』、ホセ・セレブリエール指揮バルセロナ交響楽団が演奏したビゼーの劇音楽『アルルの女』組曲第1番と第2番、セレブリエール編曲によるカルメン交響曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、『インドラネット』を読み進めたりする。


 途中、実家に電話をかけて両親と30分ほど話をする。
 台風は大丈夫だったとのことで、まずはほっとした。
 そのほか、近況など。



 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』第117話「二度死んだ男」、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『遠山の金さん』第43話の拾い観をする。
 『破れ傘刀舟悪人狩り』は、早世した森大河や若き日の風間杜夫がゲスト。
 悪役は浜村純に内田勝正。
 『遠山の金さん』は、長門勇がメインのゲスト。
 が、岡山弁ではなく関西弁…。
 ネイティヴな岸部四郎が相手ではエセ関西弁が気になって仕方がない。


 夕飯後、YouTubeでラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第40番と第41番「ジュピター」、マーラーの交響曲第7番「夜の歌」、コチアン・カルテットが演奏したフィビヒの弦楽4重奏曲第1番と第2番、主題と変奏を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き始めたり、『インドラネット』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢!!


 台風の接近とともに、頭と身体がますます重くなる。
 嵐よ早く去ってくれ!
 

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月18日

夕方外出し、大切な予定をすませた(CLACLA日記)

 四連休の三日目。


 どんよりとしたお天気が続く。
 台風14号がさらに近づいている。

 むしむしじめじめとして快ならず。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 頭と身体が重たい。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、3時半に寝床に就く。
 オードリーのオールナイトニッポンはお休みだった。
 あばば。


 10時ちょうどに起きる。

 午前中から正午過ぎにかけて、YouTubeでホセ・セレブリエール指揮ロンドン・フィルが演奏したリムスキー=コルサコフの序曲『ロシアの復活祭』と交響組曲『シェエラザード』、ピアノのマリア・ジョアン・ピリス、ヴァイオリンのオーギュスタン・デュメイとルノー・カプソン、ヴィオラのジェラール・コセ、チェロのジャン・ワンが演奏したシューマンのピアノ5重奏曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 坪内祐三の『テレビもあるでよ』<河出書房新社>を読了する。
 ああ、面白かった!!


 午後、仕事関係の予定をすませる。


 その後、yleでサカリ・オラモ指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したベートーヴェンの劇音楽『エグモント』序曲とカイパネンの交響曲第2番、YouTubeでチョン・ミュンフン指揮シカゴ交響楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第5番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたりする。


 16時台に外出し、大切な予定をすませる。
 ああ、愉しかった!!!

 で、買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでソプラノのユリアーネ・バンゼとピエール・ブーレーズ指揮クリーヴランド管弦楽団が演奏したマーラーの交響曲第4番、クララ・ハスキルが弾いたドメニコ・スカルラッティのソナタ集(11曲)、ケルンWDR交響楽団員が演奏した室内楽版によるベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」(楽章ごとに編曲者・編成が異なる)、フォルテピアノのオルガ・パシュチェンコが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日は、外出時に甘いものを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 外出中、父より電話がある。
 金曜日にかけたがつながらず、昨日今日と電話ができなかったのでかけ直したと。
 台風がひどいとのこと。
 明日、ゆっくり電話をすると話す。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月17日

台風が近づいている(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気へ。
 台風14号が近づいている。

 まだまだ暑い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 いろいろと重たし。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 9時台に起きる。

 10時過ぎに外出し、買い物をすませて帰宅する。

 帰宅後、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』、YouTubeでマリオ・ヴェンツァゴ指揮ベルン交響楽団が演奏したオネゲルの交響的運動第2番『ラグビー』、ダニエーレ・ルスティオーニ指揮アルスター管弦楽団が演奏したブルーサの交響曲第2番とシンプリー・ラルゴを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、坪内祐三の『テレビもあるでよ』<河出書房新社>を読み進めたりする。


 午後、仕事関係の予定をすませる。


 その後、YouTubeでジョン・ウィリアムズ指揮ボストン・ポップス他が演奏したプロコフィエフの交響的物語『ピーターと狼』とチャイコフスキーのバレエ音楽『くるみ割り人形』組曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、『テレビもあるでよ』を読み進めたりする。


 17時に外出し、THEATRE E9 KYOTOへ。
 第30次笑の内閣『なんであんたはんは市会議員になれへんのか』を愉しむ。
 詳しくは、前回の観劇参考記録をご参照のほど。

 で、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。

 途中少し降ったようだが、行き帰りは雨でなかったので助かった。


 遅めの夕飯後、YouTubeでバリトンのマティアス・ゲルネがクリストフ・エッシェンバッハのピアノ伴奏で歌ったシューベルトの歌曲集『美しき水車小屋の娘』、ハヴィエル・ペリアネスが弾いたシューベルトの4つの即興曲D.899と3つの小品、ユーリ・アーロノヴィチ指揮ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団が演奏したブルックナーの交響曲第7番、ニコライ・コッペルが弾いたニールセンの5つの小品と3つのピアノのための小品を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『テレビもあるでよ』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第30次笑の内閣『なんであんたはんは市会議員になれへんのか』

☆第30次笑の内閣『なんであんたはんは市会議員になれへんのか』

 作・演出:高間響
(2022年9月17日18時開演の回/THEATRE E9 KYOTO)


 昨年7月の第29次笑の内閣『マクラDEリア王』以来、1年以上ぶりの観劇である。
 ただし、自分自身舞台上の美術(選挙の「ため書き」)に写真出演している上に、服用している薬のせいで1時間以上観劇できない状態のため途中退座した部分があることもあり、今回の感想はあくまで参考記録であることを最初に断っておきたい。

 助駒市中央区にある寄席三十三堂亭が存続の危機を迎えた。
 そんな中、芸人たちが考え付いたのは、次期市会議員選挙に自分たちの三十三堂亭を護るべき存在を立候補させること。
 そして、かつて三十三堂亭で活躍し、今は東京を活動拠点とする漫談家漫画武郎こと、龍池裕士に白羽の矢が立った。

 といった筋書きを初めに目にしたとき、市会議員選挙開票の日に高間響とともに最後まで選挙事務所に残った一人(ほかに山野博生君もいた)として、家庭的個人的あれこれを経て、ようやく彼も自分の選挙戦を創作化することができたかと感慨を覚えたものだ。
 そう、この『なんであんたはんは市会議員になれへんのか』は、高間君の作品の中で最近とみに色濃くなってきた「私戯曲」的性格が一層強く反映した内容となっている。
 むろんそこは、喜劇の書き手という矜持に加え、今後の展望へのふくみもあってだろう、演劇から演芸へ舞台を移すばかりでなく、高間君の投影である龍池裕士をはじめとした登場人物の造形や、さらには劇団員である髭だるマンや由良真介の役の与え方など様々なバランスもとられてはいるのだが。

 作品自体、ここ数年の高間君の変化がよく示されており、ときにはっとさせられるような見せ場聞かせ場があった反面、シラスでのラジオドラマの放送という構成もあってか、核となるものが詰まり切っていない物足りなさを感じたことも否定できない。
 後述講談で自虐的に語っていた玉田玉山の大声張り声は藝のうちとして、あの飯坂美鶴妃や松田裕一郎その他が大劇場並の大きな声で喧しかったのは、そういった詰まり切らない部分を熱量で押し切ろうとしているんじゃないかとすら僕には思われて仕方なかった。
(3回目の上演回、実況中継の回ということも考慮に入れなければなるまいけれど)
 これが昔の笑の内閣のぐだぐだ上等(誉め言葉でもある)の演者陣ならまだしも、真面目に本寸法の芝居を心がけているだけに、戯曲と演者、演出と演者、演者どうしの齟齬が目立ってしまったのかもしれない。
 その意味で、ガチンコとプロレスのあわいにある高間君のぐだった演技が僕には一番おかしかった。

 当夜の白眉はアフターイベントのミニ寄席。
 トップバッターBANRIの歌謡ショーでは、彼女が自分の自己顕示欲を意識的に外向けに発していることがよくわかった。
 実は、彼女のことをちょっとちゃんみお楠海緒さんみたいな人かと思っていたのだ。
 楠さんの場合は、自己顕示欲を秘めようとするがそうならず、その反動が内側(自分の内面と舞台裏)に向かっていた気がする。
 そして、頓服亭座薬こと松田さんの落語『酒の粕』、焼酎亭ロックこと谷屋俊輔の落語『ぜんざい公社』を挟んだ圧巻は、玉田玉山の講談『玉田玉山物語〜高間響との戦い〜』。
 かつての丸山交通公園としての体験とプロの講談師玉田玉山としての研鑽が重なり合って、心底愉しくおかしくわくわくする出し物になっていた。
 ああ、面白かった!!!

 そうそう、他に高瀬川すてらと宗岡茉侑が耳なじみのよい声を聞かせてくれていたのも嬉しかった。
(宗岡さんがナレーションの中で京都三条会商店街のお店を「ケーキのあっくん」と呼んでいたようだが、「ケーキとあっくん」が本来のお店の名前なので、もしそう呼んでいたら高間君あたり、一言訂正を入れておいたほうがよいと思う)
posted by figarok492na at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月16日

髪を切ったり、洗濯したり、図書館に行ったり(CLACLA日記)

 四連休の初日。


 今日も晴天。
 台風14号の接近で、風がけっこう吹いていたが。

 気温は上昇するも、その風のおかげでしのぎやすし。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 夏バテの残りが出ている感じ。
 いろいろと重たし。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、3時少し前に寝床に就く。


 9時過ぎに起きる。

 午前中、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』、YouTubeでキリル・カラビツ指揮ボーンマス交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第2番「ウクライナ」、アラン・ギルバート指揮ニューヨーク・フィルが演奏したドビュッシーのバレエ音楽『遊戯』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 坪内祐三の『文庫本千秋楽』<本の雑誌社>を読了する。
 ああ、面白かった!!


 11時台に外出し、三条通のGUESTまで髪を切りに行く。
 ささっと刈ってもらい、すっきり!!!


 で、買い物をしていったん帰宅したのち、すぐにまた外出する。
 近くのコインランドリーで洗濯。
 台風接近を考えて、髪を切りに行く前に決めておいた。
 途中下京図書館まで行って、『文庫本千秋楽』を返却し、予約しておいた坪内祐三の『テレビもあるでよ』<河出書房新社>、予約してなかった桐野夏生の『インドラネット』<角川書店>を新たに借りる。


 帰宅後、仕事関係の作業を進める。


 14時台に再び外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでデヴィッド・レイランド指揮韓国交響楽団が演奏したワーグナーの歌劇『タンホイザー』序曲とブルックナーの交響曲第6番、マーク・エルダー指揮ハレ管弦楽団が演奏したエルガーの交響的前奏曲『ポローニア』、序曲『フロワッサール』、夕べの歌、愛の挨拶を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、『テレビもあるでよ』を読み始めたりする。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』第116話「炎のきずあと」、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『影の軍団U』第16話の拾い観をする。
 『破れ傘刀舟悪人狩り』は、萬屋錦之介の盟友と呼んでもいい若林豪がメインのゲスト。
 前回殺されなかった悪役の潮万太郎だが、今回はばっちり斬り捨てられていた。
 『影の軍団U』は、李礼仙が大岡二十六人衆の一人を演じていて、どこか哀感を漂わす最後だった。
 原口剛がその兄役で、こちらも悪くない最後。
 あと、中井啓補が善玉で出ていた。


 夕飯後、YouTubeでジョン・シュー指揮アポロ・アンサンブルが演奏したハイドンの交響曲第35番、第23番、第42番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『テレビもあるでよ』を読み進めたりする。

 入浴後、YouTubeでフーゴ・ヴォルフ・カルテットが演奏したシューベルトの弦楽4重奏曲第10番と第15番、ジョス・ファン・インマゼール指揮アニマ・エテルナが演奏したベルリオーズの序曲『ローマの謝肉祭』と幻想交響曲、フォルテピアノの金子陽子が弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第6番と第17番「テンペスト」、ニコライ・コッペルが弾いたドビュッシーの前奏曲第1巻抜粋を聴く。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢!


 日が暮れるのが早くなった。
 9月も半ば過ぎだものね。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月15日

ならぬ堪忍するが堪忍(CLACLA日記)

 晴天。
 ただし、台風の影響か少しどんよりとした感じもある。

 暑さが続く。
 10月半ばまでは暑さが続くらしい。
 うんざり。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 なんだか不調。
 今日もいらいら。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分過ぎに寝床に就く。


 5時少し前に目が醒めて、1時間ばかり考えごとをしたのち少し寝直す。

 7時少し前に起きて、YouTubeでミカ・アイヒェンホルツ指揮スロヴァキア国立コシツェ・フィルが演奏した「ロコモーション・ミュージック(蒸気機関車音楽)」1を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時19分に外出する。
 「ロコモーション・ミュージック」1は、ヨハン・シュトラウス兄弟他が作曲した蒸気機関車がらみのワルツやポルカなどを集めたアルバムなり。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』の第115話「十八年目の女」の拾い観をする。
 メインのゲストは東映繋がりの丘さとみ。
 重要な役どころで伊藤敏孝も出演。
 って、伊藤敏孝は今どうしているんだろう?


 夕飯後、YouTubeでカルロ・マリア・ジュリーニ指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第1番、エレーヌ・グリモーが弾いたショパンのピアノ・ソナタ第2番とラフマニノフのピアノ・ソナタ第2番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、坪内祐三の『文庫本千秋楽』<本の雑誌社>を読み進めたりする。

 入浴後、YouTubeでギュンター・ヴァント指揮シュトゥットガルト放送交響楽団が演奏したブルックナーの交響曲第9番、ソプラノのエヴァ・チャポーとクラウス・テンシュテット指揮南西ドイツ放送交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第4番、エフゲニー・コロリオフが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第3番、第8番、第15番、第16番を聴く。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 ならぬ堪忍するが堪忍。
 全く大人気ない自分だ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月14日

ついついいらいら(CLACLA日記)

 晴天が続く。
 ただし、週末はお天気が悪くなりそうだ…。

 暑さも続く。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 なんだか不調。
 ついついいらいらしてしまう。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、3時少し前に寝床に就く。


 朝からいくつか予定をすませ、ついでに買い物もすませる。

 その後、YouTubeでコリン・デイヴィス指揮ロンドン交響楽団が演奏したドヴォルザークの交響曲第7番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、坪内祐三の『文庫本千秋楽』<本の雑誌社>を読み進めたりする。


 正午過ぎ、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 13時過ぎに外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、SWRでパブロ・エラス=カサド指揮SWR交響楽団他が演奏したフォーレの劇音楽『ペレアスとメリザンド』組曲とシベリウスの交響曲第2番、YouTubeでクリスティアン・マチェラル指揮フランス国立管弦楽団が演奏したベルリオーズの序曲『ローマの謝肉祭』とフランクの交響曲、エマニュエル・クリヴィヌ指揮フランス国立管弦楽団が演奏したラロの歌劇『イスの王様』序曲、アーニャ・ビルマイヤー指揮ハーグ・レジデンティ管弦楽団が演奏したラヴェルのピアノ協奏曲(ボリス・ギルトブルクの独奏)、ラヴェル編曲によるムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、『文庫本千秋楽』を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』第114話「侠盗かまいたち」、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『大奥』第42話の拾い観をする。
 『破れ傘刀舟悪人狩り』は、川崎敬三がメインのゲストで侠盗かまいたちを演じている。
 その軽みには、同じ大映の船越英二の影響があるのか。
 『大奥』のほうは、田中美佐子、高見知佳らがメイン。
 小松政夫がいい。

 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『文庫本千秋楽』を読み進めたりする。
 ゲスト予定のコラアゲンはいごうまんさんが入院してしまったため、今回は角田さんの独りしゃべり。
 これはこれで貴重だし、面白い。

 入浴後、YouTubeでメゾソプラノのマリアンヌ・クレバッサがファジル・サイのピアノ伴奏で歌ったフランス歌曲集『秘め事』、シャルル・デュトワ指揮フランス国立管弦楽団が演奏したプーランクのシンフォニエッタ、田園のコンセール(パスカル・ロジェのチェンバロ独奏)、2つの行進曲と間奏曲、フランス組曲、アルベール・ルーセル氏の名による小品、牧歌、ファンファーレを聴く。


 今日は、甘いものは少しだけを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月13日

人の振り見て我が振り直せ(CLACLA日記)

 今日も晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 今日も厳しい暑さ。
 早く涼しくならないものか。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 首は落ち着いたが、今度は腰が痛む。
 うむむ。


 フランス出身の映画監督、ジャン=リュック・ゴダールが亡くなった。91歳。
 深く、深く、深く、深く黙禱。
 ただし、僕がゴダールのよい観客というわけではなかったことは記しておかねばなるまい。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分過ぎに寝床に就く。


 7時過ぎに起きて、YouTubeでポール・パレー指揮デトロイト交響楽団が演奏したワーグナー歌劇『リエンツィ』序曲、歌劇『さまよえるオランダ人』序曲、楽劇『ワルキューレ』から「ヴォータンの告別と魔の炎の音楽」、楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』組曲を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時18分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』の第113話「浮世絵の女」の拾い観をする。
 『破れ傘刀舟悪人狩り』は、園まりがメインのゲスト。
 長谷川明男も重要な役どころ。
 そして、あの蜷川幸雄が悪役、それも小悪党で出演していた。


 夕飯後、YouTubeでマルタ・アルゲリッチとクラウディオ・アバド指揮マーラー室内管弦楽団が演奏したベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番と第3番、カレル・アンチェル指揮チェコ・フィルが演奏したバルトークの管弦楽のための協奏曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、坪内祐三の『文庫本千秋楽』<本の雑誌社>を読み進めたりする。

 入浴後、YouTubeでジュセップ・ポンス指揮ガリシア交響楽団が演奏したシュレーカーのあるドラマのための前奏曲、ヘルベルト・シュフが弾いたラッヘンマンのシューベルトの主題による5つの変奏曲とグエロ、シューベルトのピアノ・ソナタ第4番と第18番、アンサンブル・アントラクトが演奏したカンビーニの弦楽4重奏曲第1番、第4番、第23番を聴く。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 人の振り見て我が振り直せ。
 自省あるのみ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月12日

まあだ暑い(CLACLA日記)

 晴天が続く。
 今日もいいお天気、いい青空の一日。

 暑さが厳しい。
 まあだ厳しい。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 朝の準備をしているとき、首を捻ってしまった。
 馬鹿たれが!


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分過ぎに寝床に就く。


 6時40分過ぎに起きて、YouTubeでデヴィッド・レイランド指揮メッツ国立管弦楽団の2021年のニューイヤーコンサート(無観客録画録音)を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時18分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』の第112話「若きいのちの叫び」、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『遠山の金さん』第42話の拾い観をする。
 『破れ傘刀舟悪人狩り』は、若き日の市毛良枝と峰竜太がメインのゲスト。
 ほかに、悪役で稲葉義男と五味龍太郎らも出演。
 一方、『遠山の金さん』は植木等がメインのゲスト。
 植木等、やっぱりいいな。


 夕飯後、YouTubeでアリ・ラシライネン指揮ノルウェー放送管弦楽団が演奏したウェーバーの交響曲第1番と第2番、ワーグナーの交響曲ハ長調、湯浅卓雄指揮アルスター管弦楽団が演奏したマクダウェルの組曲第1番と第2番「インディアン」、ハムレットとオフィーリア、ルドヴィク・モルロー指揮シアトル交響楽団が演奏したデュティユーの交響曲第1番、ミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団が演奏したニューボールド編曲によるシューベルトの交響曲第10番から第2楽章を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、坪内祐三の『文庫本千秋楽』<本の雑誌社>を読み進めたりする。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月11日

またモンテールのシュークリームを食べた(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温が上昇し、暑さを強く感じる。
 今週は厳しい暑さが続きそう。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 メンテナンスのおかげでだいぶん楽になる。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、2時40分過ぎに寝床に就く。


 9時台に起きる。

 午前中から正午過ぎにかけて、YouTubeでハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィルが演奏したブラームスの悲劇的序曲、ピアノ協奏曲第2番(クリフォード・カーゾンの独奏)、交響曲第3番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたりする。


 13時半過ぎに外出し、下京図書館へ。
 借りていた本を返却し、予約しておいた坪内祐三の『文庫本千秋楽』<本の雑誌社>を新たに借りる。
 佐久間文子の『ツボちゃんの話』<新潮社>を読んだことで、坪内さんの本を読みたくなったのだ。

 で、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeで湯浅卓雄指揮東京都交響楽団他が演奏した山田耕筰の長唄交響曲「鶴亀」、明治頌歌、舞踏交響曲「マグダラのマリア」、ジョス・ファン・インマゼール指揮アニマ・エテルナが演奏したラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲(クレール・シュヴァリエの1905年エラール製ピアノ独奏)、ラ・ヴァルス、ボレロ、ジェラード・シュワルツ指揮シアトル交響楽団他が演奏したショスタコーヴィチのステンカ・ラージンの処刑、交響詩『十月革命』、5つの断章を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、『文庫本千秋楽』を読み進めたりする。


 夕飯後、YouTubeでミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団が演奏したヨハン・シュトラウスU世のワルツ『春の声』、シューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」、ジェイムズ・ロッホラン指揮オーフス交響楽団が演奏したバラキレフのピアノ協奏曲(オレグ・マルシェフの独奏)と交響詩『タマーラ』、藤岡幸夫指揮広島交響楽団が演奏したモーツァルトの歌劇『フィガロの結婚』序曲、ブラームスの交響曲第2番、グリーグの過ぎた春、フォーグラー・カルテットが演奏したシューベルトの弦楽4重奏曲第10番と弦楽5重奏曲(チェロのダニエル・ミュラー=ショットが共演)を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『文庫本千秋楽』を読み進めたりする。


 今日は、モンテールの牛乳と卵のカスタード&ホイップシューを食す。
 またもモンテールのシュークリームだが、今夜は以前の袋のもので、少しだけお安い。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月10日

まだ暑い(CLACLA日記)

 晴天。

 夏の盛りほどでは全くないが、まだ暑い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 メンテナンスのおかげでだいぶん楽だ。
 が、気候の変化で頭は重たし。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!
 それにしても、国葬儀って言葉の使い方それ自体が、安倍晋三という人物をよく象徴している。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、3時20分過ぎに寝床に就く。


 9時過ぎに起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。

 午前中から正午過ぎにかけて、YouTubeでニコラス・カーシー指揮スイス・イタリア管弦楽団が演奏したラフの歌劇『ダーメ・コボルト』序曲と交響曲第5番「レノーレ」、キース・クラーク指揮スロヴァキア放送交響楽団が演奏したラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌ、オッフェンバックの歌劇『ホフマン物語』から間奏曲と舟歌、フォーレの子守歌とパヴァーヌを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『血族が語る昭和の巨人伝』<文春文庫>を読み進めたりする。


 午後、仕事関係の予定をすませる。


 15時近くに外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、yleでフィンランド放送交響楽団員が演奏したジョン・ダウランドの流れよわが涙(エリザベス2世へのニコラス・コロンのスピーチもある。ダウランドはエリザベス1世の宮廷楽士にはなれなかったものの、彼女の暗殺計画に関して密告したことがある)、ニコラス・コロン指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したサロネンのジェミニ、ルトスワフスキのパルティータ(クリスティアン・テツラフのヴァイオリン独奏)、ショスタコーヴィチの交響曲第9番、シベリウスの劇音楽『クリスティアンU世』組曲と交響曲第7番、スザンヌ・マルッキ指揮ヘルシンキ・フィルが演奏したシベリウスの交響詩『フィンランディア』、クラリネットのイェルク・ヴィトマンとケルンWDR交響楽団員が演奏したプロコフィエフのヘブライの主題による序曲、デニス・コジュヒンが弾いたヴィトマンのバイエリッシューバビロニッシュ行進曲、ケルンWDR交響楽団員が演奏したヴィトマンの8重奏曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたりする。


 『血族が語る昭和の巨人伝』を読了する。
 先日の錦湯さんでのバザーで購入した月亭太遊さんの蔵書。
 ああ、面白かった!!


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『銭形平次』第41話の拾い観をする。
 僕が子供の頃に観た『銭形平次』よりずっと前、まだ遠藤太津朗も林家珍平も出ない白黒時代のものだ。


 夕飯後、YouTubeでフェルディナント・ライトナー指揮南西ドイツ放送交響楽団が演奏したハルトマンの交響曲第6番とブルックナーの交響曲第6番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたりする。

 入浴後、YouTubeでレ・ヴェンツ・ド・モントリオールが演奏したアドルフ・ブランの7重奏曲、クラリネット3重奏曲、木管5重奏曲第2番、タピオラ・シンフォニエッタが演奏したメンデルスゾーンの劇音楽『夏の夜の夢』からスケルツォと夜想曲、リースの交響曲第2番、トーマス・ダウスゴー指揮シアトル交響楽団が演奏したスクリャービンの法悦の詩、メゾソプラノのアンナ・ルチア・リヒターがアミエル・ブシャケヴィッチのピアノ伴奏で歌ったブラームスの子守歌と眠りの精を聴く。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢!!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月09日

やっぱりモンテールのシュークリームは美味しいなあ!(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気は続く。
 雨も降る。

 気温はさらに下がったか。
 が、湿度が高く、じめじめとして快ならず。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 ただし、後述メンテナンスのおかげでだいぶん楽になる。


 イギリスの国王エリザベス2世が亡くなった。96歳。
 在位70年。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、3時半少し前に寝床に就く。


 10時に起きる。

 午前中、YouTubeでアンドルー・マンゼ指揮ハノーヴァーNDRフィルが演奏したモーツァルトの交響曲第38番「プラハ」と第39番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『血族が語る昭和の巨人伝』<文春文庫>を読み進めたりする。


 正午過ぎ、ABCラジオの『兵動大樹のほわ〜っとエエ感じ。』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 午後、仕事関係の予定をすませる。


 その後、YouTubeで高関健指揮静岡交響楽団が演奏したシューベルトの交響曲第7番「未完成」とブルックナーの交響曲第7番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、『血族が語る昭和の巨人伝』を読み進めたりする。


 17時過ぎに外出し、仕事関係の用件を片付ける。

 その後、身体のメンテナンスへ。
 じっくりメンテナンスをしてもらう。
 ああ、すっきりした!!!

 それから外で夕飯をすませ(ささっと食べようと思ったら、頼んだものが出てくるまでに予想外に時間がかかった)、買い物をすませて帰宅した。


 入浴後、YouTubeでボリス・ザランキンが弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第14番と第21番、ナッシュ・アンサンブルが演奏したボロディンの弦楽6重奏曲、グラズノフの弦楽5重奏曲、アレンスキーの弦楽4重奏曲第2番、原田慶太楼指揮NHK交響楽団が演奏したグリンカの歌劇『ルスランとリュドミラ』序曲、リヒャルト・シュトラウスの楽劇『ばらの騎士』から、ショスタコーヴィチの交響曲第10番から第2楽章、モーツァルトのホルン協奏曲第3番から第3楽章(福川伸陽の独奏)、ラフマニノフのヴォカリーズ、コープランドのバレエ音楽『ロデオ』から「ホー・ダウン」、バーンスタインのミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』から「マンボ」、飯森範親指揮札幌交響楽団が演奏したスメタナの交響詩『モルダウ』、サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団が演奏したイギリス国歌(ラトルによるエリザベス2世へのスピーチを含む)、ジョセップ・ポンス指揮ガリシア交響楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの楽劇『エレクトラ』組曲、ヴァルター・ヴェラー指揮ベルギー国立管弦楽団が演奏したマルティヌーの交響曲第1番、ヴァイオリンのダーヴィト・ネベルとダニエル・ユペール指揮ベルギッシュ交響楽団が演奏したプロコフィエフのバレエ音楽『ロメオとジュリエット』から「仮面」を聴く。



 今日は、モンテールのカスタード&ホイップのシュークリームを食す。
 袋のデザインが違うのでどこの会社かわからず、食べて美味しいなあと思って裏を見ると、モンテールのシュークリームだった。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月08日

今日も5時台に目が醒めた(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 夕方以降、雨が降る。

 じめじめとして快ならず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 頭も身体も重たし。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分過ぎに寝床に就く。


 今朝もまた5時40分過ぎに目が醒め、結局寝直せずいろいろと考えごとをする。

 6時台に起きて、YouTubeで藤元高輝が弾いた武満徹のギターのための12の歌、「不良少年」、「ヒロシマという名の少年」、『他人の顔』よりワルツ(以上3曲は小暮浩史の共演)、ラストワルツを聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時19分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』の第110話「天保ねずみ小僧異聞」の拾い観をする。
 今回は弟の中村嘉葎雄と義理の息子の島英津夫がゲスト出演。
 ほかに、北原義郎や遠藤真理子、中田博久らも出ていた。
 あと、この回から大山のぶ代が準レギュラー出演となる。


 夕飯後、YouTubeでアルトのオラリア・ドミンゲス、テノールのセット・スヴァンホルム、パウル・クレツキ指揮ウィーン交響楽団が演奏したマーラーの大地の歌、藤井一興が弾いたショパンのバラード第4番と舟歌を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたりする。

 入浴後、YouTubeでイザベル・ファウストとイルジー・ビエロフラーヴェク指揮プラハ・フィルが演奏したドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲、ファウスト、チェロのジャン=ギアン・ケラス・ピアノのアレクサンドル・メルニコフが演奏したドヴォルザークのピアノ3重奏曲第3番、スメタナ・トリオが演奏したスメタナのピアノ3重奏曲、スークのピアノ3重奏曲とエレジー、ノヴァークのピアノ3重奏曲、ギュンター・ヴァント指揮ミュンヘン・フィルが演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」を聴く。


 若林正恭の『ナナメの夕暮れ』<文春文庫>を読了する。
 友だちに貸してもらった本なり。
 ああ、面白かった!!

 続けて、『血族が語る昭和巨人伝』<同>を読み始める。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月07日

夜になってだいぶん涼しくなった(CLACLA日記)

 晴天が続く。
 どんよりとした感じはありつつも。

 気温は少し下がったか。
 それでも、暑さは感じたが。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 身体が重たい。
 頭も重たい。


 映画監督の小林政広が亡くなった。68歳。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、3時少し前に寝床に就く。


 9時半過ぎに起きる。

 午前中、YouTubeでジャナンドレア・ノセダ指揮フランス国立管弦楽団が演奏したストラヴィンスキーの幻想的スケルツォとリムスキー=コルサコフの交響組曲『シェエラザード』、クリスティアン・マチェラル指揮フランス国立管弦楽団が演奏したチャイコフスキーの幻想序曲『ロメオとジュリエット』とロココ風の主題による変奏曲(ジャン=ギアン・ケラスのチェロ独奏)を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、彩瀬まるの『新しい星』<文藝春秋>を読み進めたり、若林正恭の『ナナメの夕暮れ』<文春文庫>を読み始めたりする。


 正午過ぎ、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 13時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでクラウス・マケラ指揮フランス放送フィルが演奏したサロネンのチェロ協奏曲(トルルス・モルクの独奏)とシベリウスの交響曲第1番、カールマン・ベルケシュ指揮韓国交響楽団が演奏したリストの交響詩『前奏曲』、ミハイル・ユロフスキ指揮韓国交響楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第10番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、『ナナメの夕暮れ』を読み進めたりする。


 『新しい星』を読了する。
 最初はそれほどのれなかったのだけれど、章が進むごとにどんどんひき込まれていった。
 ああ、面白かった!!!


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』第109話「地獄のひまわり」、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『大奥』第41話の拾い観をする。


 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 『角田龍平の蛤御門のヘン』は、初秋のサイキックミーティング2022。
 北野誠さんと竹内義和兄貴の登場!

 入浴後、YouTubeでキース・バケルス指揮マレーシア・フィルが演奏したカリンニコフの交響曲第1番と第2番、レオン・マッコーリーが弾いたブラームスの6つのピアノ小品作品118と16のワルツ、ギターの猪居亜美が弾いたタレガの椿姫の主題による幻想曲、メルツ編曲によるシューベルトのセレナードと郵便馬車、ドメニコ・スカルラッティのソナタイ長調K.208を聴く。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 夜になってだいぶん涼しくなった。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月06日

嬉しいばったりあり!!(CLACLA日記)

 朝は晴天。
 その後、台風11号の影響でどんよりとした感じが増し、夕方には雨も降る。


 日中はまだまだ暑い。
 じめじめむしむしとして快ならず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!


 ドイツ出身のピアニスト、ラルス・フォークトが亡くなった。51歳。
 癌で闘病中だったとのことで、誕生日を間近に控えて亡くなってしまった。
 最近はピアノだけではなく、指揮にも活動の場を拡げていたのだが。
 一つ下の1970年生まれ。
 同世代の死は本当に辛い。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分過ぎに寝床に就く。


 朝5時40分過ぎに目が醒め、結局寝直せずいろいろと考えごとをする。

 6時台に起きて、YouTubeでポール・パレー指揮デトロイト交響楽団が演奏したラロの歌劇『イスの王様』序曲、ベルリオーズの序曲『海賊』と序曲『ローマの謝肉祭』、ビゼーの序曲『祖国』を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時16分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 買い物中、嬉しいばったりあり!!


 帰宅後、YouTubeでハンナ・チャン指揮トロンヘイム交響楽団が演奏したグリーグの劇音楽『ペール・ギュント』組曲第1番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』の第108話「暗黒の烙印」の拾い観をする。
 萬屋錦之介とは関係の深い、大友柳太朗がまたもゲスト。


 夕飯後、YouTubeでクリスティアン・マチェラル指揮フランス国立管弦楽団が演奏したルーセルのバレエ音楽『蜘蛛の饗宴』組曲、プロコフィエフのバレエ音楽『ロメオとジュリエット』組曲、シベリウスの悲しいワルツ、メシアンの忘れられた捧げもの、デュティユーの時間の神秘、ラヴェルのバレエ音楽『ダフニスとクロエ』組曲第2番、フォークトを偲んで彼が弾いたヤナーチェクのピアノ・ソナタ、霧の中で、草陰の小径にて第1集と第2集、エーネス・カルテットが演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第13番と大フーガ、フィリッポ・アルリア指揮カラブリア・フィルが演奏したエルガーの威風堂々第1番、エステバン・サンチェスが弾いたベートーヴェンのロンド・ア・カプリッチョを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、彩瀬まるの『新しい星』<文藝春秋>と若林正恭の『ナナメの夕暮れ』<文春文庫>を読み進めたりする。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 気圧の変化で早く目が醒め、気圧の変化でさらに身体のだるさが増した一日だった。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月05日

無理をしてもだめなものはだめ(CLACLA日記)

 晴天。
 が、台風11号の影響でどんよりとした感じも増す。
 明日は京都に最接近するとか。
 うむむ。

 日中はまだまだ暑い。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 身体が重たし。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分過ぎに寝床に就く。


 6時台に起きて、YouTubeでポール・パレー指揮デトロイト交響楽団が演奏したサン・サーンスの交響詩『死の舞踏』、リストのメフィスト・ワルツ第1番、ロッシーニの歌劇『ウィリアム・テル』序曲、ベルリオーズ編曲によるウェーバーの舞踏への勧誘を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時16分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 今日は、30分早く上がる。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』の第107話「おんな捕物地獄花」、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『遠山の金さん』第41話の拾い観をする。


 夕飯後、YouTubeでドロットニングホルム・バロック・アンサンブルが演奏したモーツァルトのセレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、ディヴェルティメントK.136、K.137、K.138を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、新しい作品について考えたり、彩瀬まるの『新しい星』<文藝春秋>と若林正恭の『ナナメの夕暮れ』<文春文庫>を読み進めたりする。

 入浴後、YouTubeでネルソン・ゲルナーとフィリップ・ヘレヴェッヘ指揮シャンゼリゼ管弦楽団が演奏したショパンのピアノ協奏曲第1番、アントニ・ヴィット指揮ポーランド放送交響楽団が演奏したシューマンの交響曲第2番と第3番「ライン」、マルタ・アルゲリッチとダニエル・バレンボイムが弾いたモーツァルトの2台のピアノのためのソナタニ長調を聴く。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 無理をしてもだめなものはだめ。
 諦めることも忘れちゃいけない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする